ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 弱音は吐いてくれ。 | main | やべぇ!! >>
3Dの顔合わせに参加
「たいぞう会」を終了後、そのまま渋谷で朝方グダグダしていたら今日は3Dの顔合わせに呼ばれていることを思い出し、慌てて三軒茶屋へ向かった。

酒もぬけず、睡眠不足のグロッキー状態ながらも、なぜか制作スタッフサイドの監督の隣の隣くらいに座らされた。
ちょっとエライ人みたいだが、実はよっぱらであることはダレにもばれていない(ハズ)。

3Dの制作現場はもとより他の制作団体の顔合わせに参加するのは初めてだった。
特に3Dの制作能力に尊敬の念を抱いていたオレにとっては吸収したいモノがたくさんあった。

脚本に香盤表、撮影現場への地図。
特に香盤表は事細かいことまでしっかりと書き込まれていて感心した。

3Dは「情熱」とか「ノリ」といった言葉をわりとよく使う団体で、実はオレはそういった青臭い言葉が嫌いだったりする。
事実、そういう事を言っている団体は締まりが悪く段取りが悪いからだ。「オレたちのやりたいことをやろうぜ!!」みたいな勢いだけの団体を数多く見ているが、そのどれもが1つの作品も作り終えることができていないのをイヤと言うほど知っている。
そんな団体達を反面教師に、やまけん組をオレはやっているのだ。

ところがこの3Dという団体は、違う。
その「情熱」はその場だけの情熱ではない。しっかりと「覚悟」をもった冷静な「情熱」なのだ。ゆえにその「情熱」が醸し出す「ノリ」を実現させるための綿密な計画性がある。
彼らの言う「情熱」は勢いだけですすむ簡素な手押し車ではない。綿密に設計され、熱い内燃機関を持つ蒸気機関車のような「情熱」なのだ。
だから彼らの言う確実で揺るがない「情熱」は大好きだ。

3Dメンバーと集合写真

やまけん組はよい先輩を、よい友を、そしてよいライバルを持った。

<< 弱音は吐いてくれ。 | main | やべぇ!! >>
| 08:06 | コメントを書く (1) | トラックバック (0) |
XMHKbF <a href="http://lnlykbowchiq.com/">lnlykbowchiq</a>, [url=http://gmkhkgolhlap.com/]gmkhkgolhlap[/url], [link=http://gdfjmcdlhkky.com/]gdfjmcdlhkky[/link], http://acwsfwyfhjlf.com/
| ewefvoyvfcn | 2015/11/19 13:26 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/515