ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 役者という職業 | main | 続・オーディションご報告。 >>
1&2次オーディションご報告。
さてこんにちは。
今回の日記は、オーディション書記・ゆえがお送り致します。

先々週から引き続く緊迫のオーディション。今回は二次(最終)選考の日。
[予定;
→am9:30 五反野駅に集合。
→一次オーディション。
→お昼休憩&打ち合せ。
→二次オーディション。]という盛り沢山メニュー。

今日は、役者として参加応募しているやまけん組スタッフが公欠の為、
少人数のスタッフで進行。
各自役割を確認して、恒例の円陣。
円陣(改)
気合入れ一声は「エ○ポリタン」で。
さすがやまけん組。朝から爽快さ皆無です。

やまけん&haj両監督は、進行&読み合せ部分に関しミーティング。
台本から読み合せ部分を抜き出しては悩み、整理してはほっと一息ついている模様。
監督ミート

役者さん方は、皆さん短い時間で持つ引き出しを出来るだけ多く・深く見せようとして下さるので、
二次はモチロン、一次といえど審査席に向かってくるエネルギーは膨大。

受け止める審査席の方も、最大限ぎりぎりに組んだスケジュールの中、
ひとりひとりの多様な面をきちんと見たい、という気持ちから
役者さんのアピール時間に色んな要望を出させて頂きました。

良い現場の空気だなぁと間近で実感致しました。書記って役得です。


さて1日目はオーディション他、製作に関して軽ーくスタッフ打ち合せもありました。
1・2次選考を経て今後へ、もっと具体的に・全景的に今企画のしんどさと楽しさがカタチになって見えてきた気がします。
目一杯、自由に働ける場があるという幸せを感謝しつつ。

2日目へ続く→

<< 役者という職業 | main | 続・オーディションご報告。 >>
| 10:56 | コメントを書く (1) | トラックバック (0) |
今更コメント?かもしれませんが、ふと気づいたんで。円陣(改)で、なぜ監督が二番目に手を差し伸べているのかが不思議ぃ(笑)
本来、一番下がリーダーちゃうのん?ってかるい突っ込みをいれつつ、バイト明けなので妙なテンションのまま睡眠に入ります。
| ちょっき | 2005/07/07 06:49 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/596