ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 1&2次オーディションご報告。 | main | 製作発表に向けて >>
続・オーディションご報告。
二次(最終)選考2日目、という事は長きに渡った選考も今日が最後。

[本日の予定;
→am9:30 五反野駅に集合。
→朝礼をして、今回アクション指導をして下さる「忍びの衆」主宰・和希さんとメンバーの方々が合流。

という事で本日2日目は、アクションを踏まえての選考です。
銃を持つ構え・所作、「CQC」等、
今日の選考ポイント・本編でのアクションについて和希氏と打合せ。
忍びミーティング

目の前で動きを考え、動いて頂きます。
本編でもどんどん入れ込みたくなる迫力アクションの連続に、
オーディション打ち合せそっちのけで食い入る両監督。
見!(改)

と受付のしゅん君。ガン見。
しのび

ともあれ皆が見つめる中、最初の選考スタート。

本日は候補者の殆どが男性キャスト候補、数名の方が女性キャスト候補でした。
銃の基本姿勢、殴打される際のリアクション、動線ありのアクションと盛り沢山で行われました。
今日が肌寒い天候でよかった、とつくづく思う室内の熱気、エネルギー。
プロのお仕事に場の集中力も高まります。
動線

じぶん達が机上で進めて詰めてきた話が、実際目の前でうごき出す、コレ凄い感涙もの。

会場の、凄く良い緊張感と期待感と、慎重に選考を考えていく緊張のなか、四日間にわたるオーディションは締め括られました。

ご参加頂いた方々、本当に有難うございます。
空受付
おつかれさまでしたー。



 

<< 1&2次オーディションご報告。 | main | 製作発表に向けて >>
| 10:59 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/597