ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 妄想少年 | main | アフタァ〜ビフォ〜 >>
アフターレコーディング準備
「アフレコのしおり」なるものが昨日の妄想でできあがった。
アフレコの大まかな流れと、必要なものが書き出されている。
昨日の夜からコレをもとに台本の印刷だの、動画の書き出しだのをしている。

アフレコと言うのは言うまでもなくアフターレコーディングであり、後から映像に声を入れる作業。重要なのは「映像に声があっているか?」ということである。
現場ではこれを迅速に判断することが作業の効率化と、作品のクオリティーアップに繋がる。

関係ないが体の力を抜いて、鼻から息を抜きながら、「アフタァ〜」っていうとすごいアホっぽい色気が出るので今晩旦那に試していただきたい。

話が、モコミチにそれたが迅速なアフレコを行うため、音楽担当小林のアイディアで音を直接パソコンに録音していくという方法をとる。しかも小林が提案したソフトは録音しながら映像も再生でき、すぐさま確認も出来る優れもの。

ただ一つ問題があるとすれば、録音技師も監督も役者もみんな1つのパソコン画面をのぞき込まなければならないということだ。
これを克服するため、デュアルディスプレイを使用することにした。ようするにパソコンのディスプレイをもう1つ増やし、役者さん専用のディスプレイを用意すると言うこと。

まぁ、そんな感じで準備は進んでいます。アフタァ〜

<< 妄想少年 | main | アフタァ〜ビフォ〜 >>
| 16:47 | コメントを書く (1) | トラックバック (0) |
ぬはぁー!今年は中々時間の調整ができず参加できず申し訳なかとです(>_<)
着実に進行しているのがハッキリとわかり、楽しみです☆
こちらは、専門の修了制作の作品を制作中でありますゆえ、できたらまたお見せしますね!!
アフタァ〜レコォ〜ディヌグゥ〜。
| noriwo | 2006/08/30 23:24 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/686