ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 生存報告 | main | 録音作業が今日もゆく >>
つーか冬だよ?寒い!!
どうも、ボクです。

現在、冒頭から約20分ぶんくらいのアレンジが終わりました。
今週中には全曲のアレンジを終わらせ
残りでミックスをしようという計画です。
つかエンドロールの曲まだ考えてないわ。

終わるのでしょうか?

秋にもなるといろいろな芸術を楽しみたくなります。ボクです。
音楽には無音こそが最高の芸術だという人もいます。
かの有名な作曲家、ジョン・ケージは
「4'33"」という4分33秒間無音の楽曲を発表しています。
発表されたのがたしか50年以上も前だったので、
当時の世間の風当たりはそれはひどかったようです。
彼はキノコが好きだったようで、毒キノコ当たりもひどかったようです。

天才とバカと死は紙一重なのでしょうか。

しかし時代は変わるもので、iTunesMusicStoreなどでは
何曲かの無音の楽曲を実際に発売しているようです。
自分も普段から音にさらされていると
ふと無音が恋しくなることもあり、作曲中以外はほとんど音楽は聴きません。
情報に溢れた現代に生きる人間には
そういう芸術こそが癒しになるのかもしれません。

秋の夜長に無音のキヲクドロボウなんて
意外といいかもしれませんね。やるか?やってやるか!?

あ、小林でした。

<< 生存報告 | main | 録音作業が今日もゆく >>
| 23:32 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/711