ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 11月4日…えっ? ひとつき前? | main | ありがとうございました >>
ごめんなさい
どうも、土壇場でスピーカーが壊れて枕を涙で濡らす小林です。

9日の関係者試写会に向けて音楽と効果音のミックスを
徹夜したりしなかったりでやまけんさんと作業しておりました。

映画音響大好きっ子としては音楽そっちのけで効果音をやりたいくらいでしたが、
そんな時間もなく音楽に専念しながら「効果音面白くないとつまんないな〜」
などと内心ふてくされていたわけです。ですが、
やまけんさんが効果音作業をめちゃくそ進めていたので
かなり見応えのある内容になったと思います。

まだまだ時間さえあれば当然拘りたい部分はありますが、
期限という枠の中でスタッフ一同やつれながら頑張っております。

期限を守り形にできなかったらどんな理由があれど意味がありません。
完成度など上を見ればキリのないものですから、
いかにその時の自分を精一杯出せるかなんだと思います。
映画というのは一人では作れないから面白いのです。
いろんな個性が集まり混ざり合うことで
世に一つしかない作品が生まれるのですから。
一人でも期限が守れないとソレが台無しになってしまうのです。
最低です。ばか。あほ。

期限という枠の中でスタッフ一同ハゲながら頑張っております。
まだ作業は残っておりますが、ようやく上映会が見えてきました。
最後まで気を抜かず頑張りたいと思います。
自分もうやる事ないっすけど。気持ちだけ。

期限という枠の中でスタッフ一同血反吐を吐きながら頑張っております。
どうかそんな血みどろのキヲクドロボウを皆様よろしくお願いします。

そんなオレは音楽期限を三日オーバーしました。

<< 11月4日…えっ? ひとつき前? | main | ありがとうございました >>
| 12:42 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/715