ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< パソコンを信用するな | main | スタッフ感謝祭 >>
追加試写会ドキュメンタリー風味レポート
どうも。

口を滑らせ非人道的な発言をした政治家よりも、たった一言の失言で自殺にでも追い込もうってな勢いで避難するこの国の民が恐ろしい失言監督です。うんこ。

ちなみ先日、私のミスでパソコンの大事なデータが消えてしまいました。
失敗するのが人間で、その人間の失敗を許さないのが機械です。ちなみに。

さて、こんな出だしから追加上映のレポートを書くのも心苦しいのですが、自分を他人に認めてほしいから映画作っているようなもんなので、発作だと思って読み飛ばしたらいいと思います。

ここから下はオリモマサオばりの明るいテンションで呼んでいただきたい。
試写会会場はこちら

(写真多めでページ重いので「続きを読む」からお進み下さい)
ってなわけで、やってきました1月29〜30日キヲクドロボウ追加上映!!
司会のオリモマサオです。

景&ヨッシー
早朝集合、さっそく準備。景ちゃんマスクとかかえた鈍器が不気味です。

けいさくポスター
ちゃくちゃくと会場をキヲク色に

大もの
どこのスターかと思ったらスラッシュでした。木村有さん、うちんとこのスターです。
それをすかさず撮影するメイキング監督ユキノはさすがだ。

スター
そして、またスター。タロウ役真槻蒼志さん。ブレとる。カメラマンのアホ。

プロジェクター設置
基本的にはお芝居用のホールなので客席内にプロジェクター設置の巻。
そこ、いちばん良い席の巻。

ラーメンず
「こんばんはMacです」みたいな感じに、舞台上で挨拶のヒョロ監督二人

受付
受付が男二人と言うところが人手不足感否めません。
奥の天然パンチパーマは心優しきパンチパーマなのでご安心下さい。

お客様
前半あたりは平日ってこともありお客さんの数も一ケタ台で泣きそうな雰囲気でしたが、夕方にかけて沢山の方にご来場いただけました。リピーターの方が多くヒデキ感激です。ギャランドゥー。

楽屋
いよいよ舞台挨拶に向けて楽屋で談笑。
だからなんで真槻さんブレとるねん。カメラマンのうんこたれ!

サイン
舞台挨拶を待つ間にポスターにサインしていただきました。
愛してるから買ってください。

柴山さん
真槻さんがサインに使ったポスカですってやってる柴山さん。カメラマンあんたか!!うんこっていってごめんなさい。



一方その頃…


浅倉ボーイVer.1.0
道先案内人浅倉ボーイVer.1.0 寒い中ご苦労様です!!

浅倉ボーイVer.8.0
なんかチラシふえとるがな!! 浅倉ボーイVer.8.0

ゆえちゃん
ゆえちゃんもがんばります。女子供に容赦なしのやまけん組をこれからも愛してください。

けいさく殿
けいさく殿、その戦略的なチラシ配りの技はもはやプロ…らしい(白状監督は見に行かなかった)。しかしこの人はいつだって黙々と最高のパフォーマンスで任務を遂行します。

ヤコペッティー
そのけいさく殿とゴールデンコンビで策士ムッシュ・ゴリグリ・鈴木・ド・ヤコペッティ

隼君
最後には受付の隼君も路上へ。総動員で最終上映に挑む。

バシコ
最終兵器バシコも上陸する勢い。


一方その頃…


モーリー
いよいよ舞台挨拶間近というところで女役森川椋可さん登場。
体を張って主演女優を引き立てる助監督が輝いています。この子は伸びる。

打ち合わせ
トークショー司会の瑞木にょこさんと最終打ち合わせ。我々はほぼアドリブですが…


舞台挨拶中
肝心の舞台挨拶の写真が一枚もない恐ろしさ…


写真がないので嘘くさい感じなりますが、大盛況の内に幕を閉じることができました。


キム・セキュ
会場には、関係者もゾクゾクと。草むらで青春を語らう感じで木村さんと隊員役の川奈龍平さん。

下田ユウジさん
技術部長役の下田祐司さん。パイロットフィルムからお世話になっております。

保田 泰志さん
チーフ役の保田泰志さん。登場人物に文字通り幅を与えてくれました。とCGができない方の監督。

竹田 朱見さん
物語に説得力を与えてくれましたプレゼンテーター役の竹田朱見さん。と貧乏な方の監督。

!和希政幸さん
リアリティーあふれる全てのアクションシーンを指導してくださった忍びの衆代表和希政幸さん。

その他にも沢山の関係者の方々に来ていただきました。写真がなくてすいません。
ご来場のみなみなさま本当にありがとうございました。

キャスト・スタッフ、そしてお客様に育てられキヲクドロボウは試写会をへていよいよ船出です。

おいしい話求む!!他力本願。

<< パソコンを信用するな | main | スタッフ感謝祭 >>
| 19:50 | コメントを書く (3) | トラックバック (0) |
重っ!パソコンがペシャンコ…
| 中曽根 | 2007/02/05 01:41 |
日記更新されないな〜
めちゃ忙しいみたいネ
| ざっさー! | 2007/02/24 00:39 |
>中曽根
重いだけにペシャンコね。うまいこというね。アハハハハ。
…とでも言えばいいですか?

>ざっさー!
気にしていただけて光栄です。
| やまけん | 2007/03/07 17:31 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/724