ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< スタッフ感謝祭 | main | アクションメイキング >>
アフレコマトリョーシカ
ミスチルの横浜アリーナチケットが取れません。だれかプリーズ。
さて、そんなわけですっかりほったらかしていた2月にスタッフ感謝祭以外にもビッグイベントがございました。

音楽館
2月13日久しぶりにやってきました音楽館。サザエでございま〜す。

この会場に戻ってきたと言うことは…そうアフレコ。
一般試写会までしておきながら、なぜまたアフレコか。
それは、試写会後のアンケートでとあるシーンの音質に難ありと沢山の方からアドバイスを頂いたからであります。

我々としても上映前から、その指摘を頂いたシーンの音質には気づいていたのですが、現場の演技を活かそうと現場の音をそのまま使っておりました。
しかし今回あまりにアンケートで指摘された方が多かったので、真槻蒼志さん、木村有さんのご理解を得て取り直す運びとなりました。

タロウ&スラ
最後の最後まで付き合っていただいてありがとうございますの、スラ(木村有さん・左)&タロウ(真槻蒼志さん・右)

録音ルーム
スタジオの方にも久しぶりの再会でお手伝いしていただきました。

確認シーン
録音後はその場でパソコンに組み込みチェック。もう二度とアフレコやり直しなんてやりたくないので慎重にチェック。

完璧
慎重なチェックの結果「問題なし!」

そんなわけで無事に、最後の最後の最後のアフレコを終了いたしました。
別れた女のごとくズルズルとすいませんでした。

おつきあいありがとうございました
もうこれでホントに終わりにします。完成させます。ありがとうございました!

<< スタッフ感謝祭 | main | アクションメイキング >>
| 19:42 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
アフレコおつかれさーんす!!
| ちょっき | 2007/03/11 00:33 |
>ちょっき
なんとかかんとか、まとまりました。
後は映画祭用にまとめるだけ。がんばります。
| やまけん | 2007/03/16 15:57 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/728