ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 仙台上映決定!! | main | hajとやまけんのいない日 >>
専門学校で特別講義
教室

1/19(土)に私の母校である日本工学院八王子専門学校にてhajと二人で特別講義を行った。

事の始まりは、年末のトリウッドロードショーである。
広報活動として、映像関連の専門学校にも働きかけをしていた。すると嬉しいことに母校の先生がわざわざトリウッドにまで映画を観に来てくれたのだ。
そして、映画を見終わった先生から特別講義のオファーを頂いたという流れなのだ。

特別講義をするのは、専門学校のコンピュータグラフィック科の1年生。
キヲクドロボウの裏話などを話して欲しいと言われ与えられたのが2時間。hajと二人とはいえ2時間もキヲクドロボウについて話せるだろうか。

それよりなにより、商業監督ならまだしも、自主制作監督なんかがそんな身分不相応なことをしていいのだろうかという心配。

無論、コンピュータグラフィック科ということでCGを中心としたお話の構成を考えていた。しかし、そこで我らがアンラッキーボーイhajにミラクル発生。

なんと、キヲクドロボウの全CGデータが保存されていたハードディスクがクラッシュ。講義2週間前の出来事である。

記憶をバックアップ保存するという映画を撮った監督がバックアップを怠っていたという笑えない話。バックアップは忘れずに。

結局、講義の方はと言うと写真や資料を交えながら制作過程を説明していくというような流れでまとめました。

初めての講義と言うこともあり、後から「あーすればよかった。こうすればよかった」と反省点も多々。ともあれ我々のような半端もんを読んでくれた学校と最後まで聞いてくれた生徒さん達に感謝です。

<< 仙台上映決定!! | main | hajとやまけんのいない日 >>
| 15:36 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |
おつかれさまです!

最近、仕事などの作業が増えてくると
ところてん方式で前のものを忘れてしまうことがあって、
本気で記憶のバックアップが欲しいですよ!

メモしとけよっていう意見もあります。ええ…。
| matsuNe | 2008/01/21 16:44 |
こんばんは ヾ(・∀・*川
まっしゅなおです。

 講師デビューおめでとうございます。
以前は講義を聴いている側から今では講義を聴かせる側になられた気分はいかがでしょうか。
 
 きっと講義を聴いた学生の方々にとってはリアルな「映画を作る、CGを作る人」の話はとても刺激的で楽しいものであったと思います。

 講義前に石田様の1TBのHDDが壊れてしまった。。。アンラッキーでは済まされない何かを感じるのは私だけでしょうか。。。
 とりあえず、近々善光寺へ初詣へ行く予定なので(遅っっ!!)勝手ながらやまけん組の安全とご繁栄をお祈りしてきます。。。
| まっしゅなお | 2008/01/21 21:42 |
>ハードディスクがクラッシュ

怨念だな、怨念。
怨念がそこにおんねん。
| 吉沢(仮) | 2008/01/23 14:02 |
>matsuNeさん
しかし、脳医学者に言われれば「忘れることが出来る」ということが人間の脳のもっとも優れたところだそうですが、そんな事を医大出てる奴に言われても嫌みにしか聞こえません。

>まっしゅなおさん
自分が学生のときなどは、どんな有名な人が来ても講義など成功者の自慢話にすぎないと鼻で笑っておりました。にもかかわらず成功者ですらない我々が出て行ったインパクトと言ったらそれは学生にとってフリスク並みの刺激物であったことは間違えないと思います。

>吉沢
私のhajへのねたみが具現化し、クラッシュを導いたと思います。
| やまけん | 2008/02/12 18:17 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/803