ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
最近の日記
作品・メンバー
年月別
最近のコメント
最近のトラックバック
メンバー紹介
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
リンク
<< 汚れ | main | 廃工場での撮影 >>
パイロットフィルム撮影開始
いよいよ先週末から新作「ストークネスト(仮)」パイロットフィルム撮影が始まりました。
パイロットフィルムとは本編制作前のプロモーション映像で、1〜2分程度のモノなのですが、作品の雰囲気を伝えるためにかなり気合いを入れてつくります。

本編制作前なので、とりあえずは写真多め、解説少なめ、あぶら多め、味濃いめにお送りいたします。バリカタ。

5時
朝の5時に荷物を積み込み、出発準備をするメンバー。
朝が早いと言うことで前夜は早めに寝るつもりが、なんだかんだで寝不足。

出発
桜をバックにスタート。

スキップシティ
2時間後。スキップシティ到着。キヲクドロボウでは大変お世話になったこの施設。今回もこちらで撮影させていただくことになりました。

メイク開始
役者さんも入られてメイク開始。入り時間が早すぎてスタジオが開いていなかったのでトイレにてメイク。

スタンバイ
一方現場ではスタッフメンバーが撮影準備。時間と共に日向が動くのでそのたびにセッティングをし直して大変でした。

森崎友紀さん
ヒロイン役の森崎友紀さん。当然男性スタッフのテンションは上がるわけです。当たり前です。

いよいよ本番
テンションも上がったところで、いよいよ本番開始です。

猪爪尚紀さん
そして主人公の猪爪さん。今回の主人公はキヲクドロボウ主人公タロウと打って変わっておちゃめな役どころ。2枚目にも3枚目にもなりますが、ほぼ3枚目です。

青木急便
猪爪さんの背中には主人公が勤める宅急便のロゴが入ってます。コレは日本工学院からの助っ人、盒胸覆んが衣裳として貸してくれた革ジャンに直接縫いつけさせてもらったモノです。ありがとう!

隼君
今回はいよいよ正式カメラマンの隼君。仕事キッチリ。カメラ大好きの実力派です。すでに堂に入ってます。

撮影順調
撮影はやや遅れ気味で順調に進んでいきます。撮影は遅れるほうが順調なんです。予定通り進む撮影なんてきっと拘りが足りないんだ!・・・という開き直り。ごめんなさい。

スタジオ撮影
次はスタジオに入っての撮影です。さっそくブルーシートをスタジオ一体に張り巡らせます。もちろんスタジオでお借りしたモノです。

ウチトラ01
スタッフはツナギに着替えてエキストラです。こういうのをウチトラと言うらしいです。

ウチトラ02
ウチトラその2です。いい感じです。

坂本匡在さん
坂本匡在さんにもスタジオ入りしていただき、ブルーバックの合成シーンを撮影していきます。

モニターチェック
ブルーシートに均等に照明が当たっていないと、後の合成で面倒くさいことになるので照明ムラがないか、石田監督がスタジオ内のモニターでチェックです。

お弁当
午前中の撮影が終わり、控室で役者さんと弁当を食べるオレ。スタッフメンバーから「ずるい!」と指摘されましたが、監督特権です。すいません。森崎さんの隣にさりげなく座ってすいません。

スタッフお弁当
なんだよ、スタッフはスタッフで楽しそうじゃねーかよ。

働き者達
しかし、スタッフは弁当を素早く食べてすぐに次の撮影の準備に取りかかります。このへんの働き者っぷりには頭が上がりません。

スクーター
事務所で仮あわせしたスクーターにブルーシートを貼り付けていきます。シワが出ないように丁寧に貼り付けていきます。その後ろでは照明の角度を調整しています。監督の指示がなくてもスタッフが自立的に的確に準備出来てしまうところが、やまけん組の素晴らしいところなんです。自主制作映画ではなかなかそうは行きません。監督がグータラだとスタッフがたくましくなります。

猪爪さんと森崎さん
いよいよ、役者さんもスタンバイです。ガスマスク姿もイカします。

風を当てるけいさくさん
空を飛ぶシーンということで、送風機で風を送ります。特機担当けいさくさん。

うらやましい
猪爪さんがうらやましくてしょうがないの図。

ひと休み
ひと休み。スタジオの中は乾燥していて、ほこりが舞っていて、のどがイガイガするのです。

マーキング
猪爪さんの周りに「×」マークが沢山貼り付けられています。これはマーキングといって、あとからCGを合成するときの位置の目安にするための目印です。

合成担当林君
コンポジット(合成)担当の林君は、撮影中つねにこのマーキングに追われ、気がつけば自分もマーキングだらけです。

正木蒼二さん
そして、撮影もいよいよ後半。正木蒼二さんの登場。
キヲクドロボウでは主役を演じてもらった正木さんには今回悪役を演じてもらいます。衣裳もばっちり決まっていてコワかっこいいです。

ケータイをいじる正木さん
銃を片手にケータイをいじる姿もかっこいいです。

ドリー撮影
レールを引いてのドリー撮影。正木さんに一気に近寄ります。左下にいる景ちゃんが大変危険でした。

そんな感じで、終了時間ぎりぎりでなんとか撤収。

久しぶりの撮影はやっぱり楽しかったです。
小学生並みの感想ですいません。
来週も撮影だ。がんばるぞ。ウッフン。

<< 汚れ | main | 廃工場での撮影 >>
| 21:43 | コメントを書く (9) | トラックバック (0) |
行きたかった ああ 行きたかった スキップシティ

見たかった ああ 見たかった 生の演技と役者さん

食べたかった ああ 食べたかった みんなとロケ弁

あまりの無念さに小学生以下の詩を綴りました。。。
やはりスタッフの皆さんの団結力や真剣さには並々ならぬものを感じます。。。
| まっしゅなお | 2008/04/10 01:38 |
皆さんの顔を写真で見ると安心します。
こんなコメントで申し訳ない。

一番気になるのはアサクラ君のおそ松くんみたいな髪型かな〜
| K-'s | 2008/04/10 02:16 |
これは見てるだけでワクワクしてきますね!
気が早いですがもう上映が楽しみなくらいです(笑)

皆様頑張ってください!
| さとし@P'z Project | 2008/04/10 02:30 |
撮影って良いな〜★
懐かしや、スキップシティ…
懐かしや、ブルーシート…
懐かしや、トイレでのメイク(笑)

キヲクがよみがえって来ました♪


そして、ヤマケンさんのタイプミスをまたしても発見(笑)
証明→照明っすよ(笑)


撮影大変でしょうが、頑張ってください☆
完成楽しみにしております(^O^)/
| もりぞう | 2008/04/10 10:41 |
>まっしゅ
クレバいいのに スキップシティ
ミレバいいのに 生演技
タベレバいいのに 生レバー

KUREVA並のラップを披露してみました。
また、機会があったら是非来てね。

>k-'s
あんたもたまには遊びに来なさいよ。
そして、浅倉君の髪型を愛でればいいのさ。

>さとし@P'z Project 様
本編上映はまだまだ先ですが
とりあえずパイロットが完成しましたら
サイトで公開が出来るかもしれません。
P'z Projectの新作も楽しみにしています。

>もりぞう
やはりトイレでのメイクは自主制作映画にとって
外せないパターンです。
同じく、私にとってタイプミスも外せないパターン。
もはや演出と読み取っていただいても構いません。

そして「証明→照明」はタイプミスではなく
変換ミスという重箱の隅カウンターパンチ。
実は前回ブログでも「待ち→街」だったことを自白。

これからも振り返らずブログを書き続けていきたいと思います。
| やまけん | 2008/04/10 12:37 |
楽しそうだなちきしょー。
何もかも吹っ切れて邁進するでゴンザレス。
明日もいけなくてごめんなすぇー。
時間をみっけてまたいきますぜぃ旦那。
| chokki | 2008/04/11 20:43 |
>タベレバいいのに 生レバー

これはなかなかの名リリックだ。
完全にKREVAは超えたな。
ケーダブもしっぽを巻いて逃げ出すだろう。

そんなあたいはこの日は鶏の生レバにあたってヘナチョコだったワケさ。
| 石田肇 P-38 | 2008/04/16 05:49 |
>chokki
よろしくお願いします。

>P-38
おぉ!結果的にそこに結びつくというミラクルか。
| やまけん | 2008/04/16 21:00 |
>タベレバいいのに 生レバー

 私もそこ「うぉw」と思いましたが、hajさんのミラクルで、当分生レバーは食えないと思いました。。。
ご愁傷様でございます。。。(T人T) ナムナム
| まっしゅなお | 2008/04/16 23:58 |









http://kiwoku.jp/nikki/sb.cgi/814