ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< 2019年 09月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MLOVbwRtHJLJ (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    czKOcMRalQfxAYMAwtV (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    fxiSazQX (05/23)
  • 廃工場での撮影
    KIMU (02/09)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
スタッフ感謝祭
どうも、全国3000万人の女子高生ファンの皆様、お久しぶりです。
上映会も終わり一段落した事を周囲に伝えたら山のように仕事が振ってきました。
人間求められるウチが花なので、一銭にもならないブログより、大金に変わる仕事を優先いたしました。

そんなわけで、まず2月にビッグイベントが行われたので今日はそのご報告。

2月3日(土)に「スタッフ感謝祭」という世にも恩着せがましいタイトルのイベントがひっそりと執り行われました。

未来図
会場は桜木町にあるキッチン未来図


本日は貸し切りです
男の独占欲を満たす貸し切りの張り紙。

これは山岸、石田両監督がキヲクドロボウ完成まで付き合ってくれたスタッフに感謝を込めてお酒を振る舞おうという恩着せがましい無礼講なわけですが、もともとやまけん組はオールウェイズ無礼講なのでこれといって代わり映えのない飲み会でありました。

乾杯
相変わらずグダグダな感じのコメントの後、乾杯だったと記憶しております。

メイキングビデオ
メイキングビデオ監督ユキノが制作したメイキングビデオスタッフ感謝祭エディションが上映される。写真はマジックとノートを持ったまま眠ってしまったけいさくさん。この後ぷーちゃんがマジックで顔に落書きという暴挙に出る空前の名シーン。

基本的にスタッフの寝顔盗撮という構成のメイキングビデオはスタッフ大爆笑ではありますが、部外者が見たら他人の子供の運動会ビデオのごとしなんだと思います。

スタッフ感謝祭とか言いながら結果的にスタッフからいろいろもらっちゃう監督。

花束贈呈
スタッフから突然の花束贈呈に驚く金髪監督。

お酒贈呈
スタッフから突然訳の分からない銘柄の酒を渡され困惑するメガネ監督。

お酌(やまけん)
スタッフ一人一人にお礼の言葉を言いながらお酌する気の利くオレ。

お酌(haj)
スタッフ一人一人に気の利いた言葉をかけられない不器用な石田監督。男前は余計なことを言わなくてもいいので得である。

オチ担当の小林
音楽もできるオチ担当小林の久しぶりの活躍。もはや黙ってこの体制で待っているところがにくい。

集合写真
酔っぱらい集団の集合写真ほど滑稽なものはないと思いますが恥を忍んで掲載。

スタッフのみなさん本当にありがとうございました。うんこ。
| 16:13 | コメントを書く (5) | トラックバック (0) |
追加試写会ドキュメンタリー風味レポート
どうも。

口を滑らせ非人道的な発言をした政治家よりも、たった一言の失言で自殺にでも追い込もうってな勢いで避難するこの国の民が恐ろしい失言監督です。うんこ。

ちなみ先日、私のミスでパソコンの大事なデータが消えてしまいました。
失敗するのが人間で、その人間の失敗を許さないのが機械です。ちなみに。

さて、こんな出だしから追加上映のレポートを書くのも心苦しいのですが、自分を他人に認めてほしいから映画作っているようなもんなので、発作だと思って読み飛ばしたらいいと思います。

ここから下はオリモマサオばりの明るいテンションで呼んでいただきたい。
試写会会場はこちら

(写真多めでページ重いので「続きを読む」からお進み下さい)
続きを読む>>
| 19:50 | コメントを書く (3) | トラックバック (0) |
パソコンを信用するな
いよいよ、明日29日と30日は追加試写会。どーぞよろしく。
追加試写詳細はこちら

そんなわけで、上映に向けての準備で大忙しなフリをするのに大忙し。一応、監督だの総指揮だの冠がついているので他のスタッフより暇そうにしていると立場がない。

とりあえずミーティングとかした。

ミーティング01

ミーティング02

うちのミーティングは、思ったことを無責任に次から次へと口にしてしまうだめなオッサン達の意見を遙かに年下の景ちゃんがまとめるというかなり無理のある構図。
今までよくこんなんでやってこれたなとつくづく思う。

ミーティングで当日の仕事とかが相当大雑把に決まりメンバー帰宅。
その後、オレは音響微調整を小林とやるために、動画の書き出し作業を行う。

残り9分

1分後…

残り17分

10分後…

残り2時間

30分後…

残り5時間

2時間後…

残り13時間

10時間後…

残り22時間

遅刻しておいて「あと5分で着きます」とかいって、さらに10分くらい遅刻してくるやつがいますが、もはやその比ではありません。
パソコンアワー恐るべし。
| 21:17 | コメントを書く (3) | トラックバック (0) |
キヲクドロボウの感想ブログ
「最近、更新が遅くてすいません」ってのは自意識過剰にもほどがある。
誰もあんたのブログなんて期待していないので安心してほしいと思う。
これからも「マイペース」に書きつづる所存であります。

ちなみに、女の子の自己紹介でかわいく「性格はマイペースです」と言うのがあるが、あれは和訳すると「自分勝手」の何者でもないので合コン時は注意していただきたい。
自分勝手を名乗るほど、自分勝手な奴はいないのでアテンションプリーズ。

さて、上映会も終わり夜な夜な感想&批評ブログを猫背で見つめておりました。
ビックリするくらい沢山の方に扱っていただいて本当にありがとうございます。暖かい意見から厳しい意見まで様々な記事を読ませていただきました。

「キヲクドロボウの記事を書いたらアクセスがアップしました」などと、おかしな商売にでも引っかかったんじゃないかと疑われるお話を伺ったりしますが、それは十中八九オレとうちのメンバーが毎晩検索してのぞきに行ってるからじゃないかと思われます。

それにしても、素敵な時代になりましたよ奥さん。
数年前に上映会をやったときなんか、映画を見終わった人が何を思ったかなんか分からなかったわけですが、今やブログが急速に普及したおかげで感想見放題なわけです。
「心の中がのぞけるメガネなんてずっと未来の話だな」なんて思っていたわけですが、まさにこのブログがその心の中をのぞけるメガネ。
よもや、各個人自らが心の中をさらけ出すツールに手を出すとは思いませんでした。恐るべし未来。

家族にも話せない悩みをブログで全世界に発信。
そういう露出狂な未来へウエルカム。

キヲクドロボウはほんのちょっぴり未来な世界のお話なわけですが、あっという間に追いつかれてしまうんだろうなと思う。記憶保存という技術にしたって、これまたブログってのは電子的な備忘録であり、指とキーボードっていうアナログインターフェースを介した記憶の外部化なのである。

そんなことを考えていたら、先日渋谷で驚くべきものを発見した。

渋谷未来地図

左側の怪しげなパラッパラッパーみたいな男はおいといて、右側の装置であるが渋谷の地図である。
渋谷の街角に置かれたその地図はなんと、手で直接触れてスクロールさせることができるのだ。もはやマイノリティーリポートみたいな操作方法に感激。しかも左側のボタンをタッチすると映画館情報やら飲食店やらの情報が見れる。情報量はまだまだ少ない感じだけど、こんなものが街角に出てくるような時代ですよお父さん。

っていう話でした。
| 15:23 | コメントを書く (3) | トラックバック (0) |