ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< 2019年 09月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MLOVbwRtHJLJ (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    czKOcMRalQfxAYMAwtV (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    fxiSazQX (05/23)
  • 廃工場での撮影
    KIMU (02/09)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
セルフサービスブログのご提案
「更新されない」ということで、公開間近の映画制作現場の切迫感を臨場感あふれる形で伝える当ブログ。
情報を出さずして情報を伝えるというのは、まさにブログの究極系ではないかと自負しております。出版社の皆様、ブログ本の依頼お待ちいたしております。

1ページ目「ブログ始めました」のエントリーを最後に後の364ページすべて白紙という斬新さ。その白紙が伝えるネットという仮想空間のむなしさ・・・という社会派な切り口。
実用新案出願中。

ブログにアクセスしていただき更新されていないことを確認したら必死な形相でパソコンに向かっている我々を想像し各自ほくそ笑んでいただけたら光栄です。
当ブログのおもしろさは視聴者の想像力に依存しますので、あしからず。

とりあえず本日も生存報告。

実は、お伝えしたいビッグなニュースがあるのだけれど、あまりにおもしろいのでちゃんとお伝えしたくしばらくお待ちいただきたい。
たぶん、その前に景ちゃんによるミーティング写真紹介が更新されるはず。


・・・たぶん。


p.s.
お疲れ様でしたシューマッハ。
そして、ありがとう。日本語読めないと思うけど。
| 05:49 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
大塚康生さんも言っていた
F1から帰って参りまして現在、空飛ぶ車の音付け。

ってか、空飛ぶ車なんか実際に見たこともないので、どんな音が鳴るかなんて知らねぇ。
つーか、空を飛んだ時点でそれを車と呼ぶのはどうかと思う。「車と飛行機の境界線ってなに?」みたいな感じで、とりあえず「車以上飛行機未満的な乗物」と言うことで今日のところはお引き取り願いたい。

そんなこんなで、もはや乗物の名称すらあやふや物の音をつけるなんて苦行にいそしみ、やっとの思いで完成。それをネットでhajに聞いてもらったら、帰ってきた答えがコレ。

「家が吹き飛んでる音みたい」

彼は昔から思ったことをそのまま表現するところが長所であり短所であり、おそらくそれが原因でこの世を去ることになるんじゃないかとお父さん心配です。

そういうわけでまたイチからやり直し。「もっと車っぽく」と言うことで「空飛んだら車じゃねーよ」と言う言葉を飲み込んで、車の音を多めに盛り込みつつ、画像処理手伝いに来てくれていた拓海くんにも助けてもらいながら、なんとか第二弾完成。

「悪くないんだけど、クラッチとエンジンがつながってない音だね」

空ふかし音をふんだんに盛り込んでヤンキーっぽい迫力を出したのが裏目。
車マニアのhajの耳はごまかせなかった。彼は正しい。
そうなのだ、いくら空想といっても原理は大切である。どういう原理で動いているか中身までしっかりとイメージしてこそリアリティーが生まれる。
大塚康生さんも言っていた「車の仕組みを知っていなければ、よい車の画は描けない」…的なことを…たぶん…。
アニメーションも原理を知った上で動きをつけていくのだそうな。

アタイ…アタイ、目が覚めたわ!!

その後、車マニアhajに車の原理レクチャーを受け再チャレンジで何とか合格っぽいお言葉を頂きました。まぁ、そんな感じで今日もがんばってます。

残り58日。
| 05:31 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
陳謝
「残り2ヶ月のラストスパートがんばるぞ!」と言った舌の根も乾かぬうちに、本日から3日間鈴鹿行ってきます。無論、F1グランプリ目当て。
「がんばった自分へのご褒美」とダイエット宣言翌日にケーキをほおばるOLのごとし。「お前そんなにがっばってねーよ」と思う。

毎年の恒例行事となっていたF1観戦も去年は撮影の為、断念。
「今年は絶対に行くんだ!」と誓いを立てたのでどうかお許し頂きたい。

特に今年の鈴鹿は見所沢山であり、ここにそのウンチクをつらつらとつづりたいところだが、まもなく新幹線も出発とあいなりまして割愛させていただきたい。

帰ってきたらがんばります。

と、禁煙宣言した直後に「コレが最後」とマイルドセブンに火を付けるサラリーマンのごとし。

どうか、温かい目で見守って欲しい。あっかんべ。
| 09:31 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
音のない世界
上映まで残すところ65日。

いよいよのこり2ヶ月のラストスパートに入るはず。
あまりにテキトーに生きてきてしまったので「人生一度くらいは本気出して見ても良いな」と思って始めたキヲクドロボウなわけだけれども、あまりに多くの人々に頼りながらではあるがついにここまで来てしまった。
いよいよ完成ともなれば「やれば出来る子」と言われ続けた我が人生に幕が引かれるわけである。

が、まだまだやってる途中。
出来る子なのか、出来ない子なのかは12月のお楽しみ。
他人の苦労を楽しめるあなた方が憎いです。

本日も一日効果音付けとアフレコ音声付けに没頭。

無音の映像に1つ1つ音をつけていくというのは想像を絶する大変さだった。
登場人物が一歩けば足音はするは、服のすれる音はするは、手に持った銃は揺れるは、あの子はファストフード店で働き出すは。たった一歩でそんな騒ぎなので5〜6人が一気に格闘なんか始めた日には悲劇ですよお父さん。

マシンガンなんか撃った日にはあなた秒間10〜15発くらい発射されるわけで、銃口からは弾が出るは、薬莢はばらまかれるは、しかもその薬莢が床を跳ねまくるは、壁に弾が当たれば破片は飛び散るは、相手は撃たれるは、叫び声あげるは、のたうちまわるは…

いやはやまったく、騒がしい世の中ですよ筑紫さん。

そんな音で苦しんでいる一方でhajこと石田さんは、秒間10〜15発が命中して砕け散る破片をCG描写という苦悩があったりするわけで、がんばってねとここにつづっておきます。

でも楽しいです。
撮り集めた部品をプラモデルみたいに組み立てていき、物語が組あがっていくその課程はあの日の夜を思い出すほどです。

まぁ、そんな感じでもはや現実逃避したくなるほどに追いつめられているわけですが、なんとか完成までこぎつけたいなと思う独りぼっちの夜だった。
| 00:03 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |