ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< 2019年 09月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MLOVbwRtHJLJ (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    czKOcMRalQfxAYMAwtV (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    fxiSazQX (05/23)
  • 廃工場での撮影
    KIMU (02/09)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
絶滅危惧種:アフレコ前夜の妖精
明日のアフレコは取りこぼし分と言うことで、アフレコ前の妖精さんも少なめです。

メガネボヤッキー
【学名】オオエドメガネボヤッキー:めがね目ボヤッキー科
【和名】けいさく
【解説】
昼間は運転や機材操作など力仕事を行っているが夜は台本にホッチキスという地味な仕事をこなす妖精。ヒマを見つけてはケータイ麻雀にいそしむが、パソコンは使えない。
最近ダブルクリックをマスターしたという目撃証言有り。

ガリメガネ
【学名】ガリメガネムッツリー:めがね目ガリガリ科
【和名】やまけん
【解説】
昼間は偉そうにしているが、夜は臆病。特にアフレコ前日などは時間に追われながらせっせと書類をまとめている。ときおり下ネタ満載のブログを書くが最近は女性の目を気にして控えめ。パソコンは比較的得意でトリプルクリックをマスターしているとの目撃証言有り。

(アフレコ前夜妖精百科事典2006年版より引用)
| 23:16 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
アフレコの日記が書かれていないけれども
アフレコ前夜の日記を書いたもののアフレコ当日の日記をスルーという新たな放置プレイに及んでみました。あの手この手のやまけんです。

本日は、事務所のお引っ越しと言うことで一日中ネットの接続やら配線との格闘やらをしておりまして、上映まで残すところ74日というのに映画のことは何一つ行えず。

が、しかしやはり新天地というのはテンションが上がるもので今の今まで事務所で一人お片付けなんぞしておりました。

明日からは新たな気持ちで、がんばっていこうと思います。
新事務所の模様は、もう少し事務が片付いてからお届けしようと思います。

そんなわけで、景ちゃんアフレコの日記よろしくお願いします。

…と、景ちゃんに「早くアフレコのブログ書きやがれ」とプレッシャーをかけるだけの内容であることは言うまでもなく、改めて己のじっとりな性格にほれぼれした。

負けるな景ちゃん。
| 23:54 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
アフレコ前夜の妖精さん
オフィス
アフレコ前夜のオフィスではかわいい妖精さん達が作業にふけいる。準備命。

拓海くん
救世主・拓海妖精は1フレームずつ合成映像の背景ぬき作業。すっかり職人。

やまけん
ワタクシやまけん妖精はアフレコ用台本をチェックしながらバシコ(小林)とアフレコ録音システムの準備。

バシコ
バシコ妖精右手側に明らかにビールが映っているわけだが、彼は炭酸麦茶と言い張る。

けいさくさん
当日、キャスト&スタッフに配る指示の入ったアフレコ用台本をホッチキスなけいさく妖精。

そんな感じで作業は夜1時まで続けられた。
アフレコ前夜にはこんな妖精さん達が活躍しているのだ。
| 00:45 | コメントを書く (3) | トラックバック (0) |
救世主現る
さて公開まで残り80日を切った本日。
口から出るものと言ったら泣き言と加齢臭。
合成画像をいじらなければと思いつつ目の前のアフレコの準備と仕事と事務所の引っ越しに追われる日々。

そんなところにケンシロウのごとく救世主が現れた。

その名は鈴木。日本で1,2をあらそうほど平凡な名字。
とても救世主感がなく盛り上がらないので、ここではムッシュ・ゴリグリ・鈴木・ド・ヤコペッテと呼ぶことにしよう。しろー大野ラブ。
分からない人はググればいいじゃない。

そんなヤコペッティーこと拓海くんは随分以前エキストラとして2度ほど撮影に参加してもらっていたのだが、このたび本人たっての希望でCG合成作業も手伝ってもらうことになったのだ。

本人たっての希望というのがすばらしい。

しかしながら、彼は映像合成どころか映像編集だってしたことのないトーシロー。ってか、現在パソコン教室通い中で必死にタッチタイピングを覚えているというありさま。
そんな彼だが、パソコン教室が終われば事務所に顔を出しては本とにらめっこしながらAfterEffectsやらMayaやらと格闘を繰り返していた。時間があれば家でもやっていたらしく日に日にソフトを使いこなせるようになっていった。

その成長速度は、剃っても剃っても一本だけピョロンと生えてくる一本あごひげのごとくである。

そしてついに昨日から、実際にキヲクドロボウの映像をいじってもらっているわけだが、飲み込みの早さも半端なく、ほおっておいても仕事が進むという状態に。

救世主のはたらきっぷり

もはや己の仕事にプライドを持ち始めこっちが他人行儀に「お願いします」とか言うと「これはオレの仕事だ」とかぬかす有り様。
まさに遅れてきたルーキー。ドリフで言うところの東村山名誉市民クラス。

北斗の拳改め志村けんことムッシュ・ゴリグリ・鈴木・ド・ヤコペッテの今後に期待。
しかし、このタイミングでのルーキー登場は本当にうれしい。
いっそ抱かれても良いと思った。
| 00:42 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |