ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< 2020年 03月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MLOVbwRtHJLJ (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    czKOcMRalQfxAYMAwtV (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    fxiSazQX (05/23)
  • 廃工場での撮影
    KIMU (02/09)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
お前を嫁にもらう前に言っておきたいこと
本日も相変わらず眠気と戦いながら淡々編集。

代わり映えのしない写真
いつも代わり映えのしない写真ですいません。

撮影時にずいぶんとつながりを意識しながら撮影できたぶん3年前の「逃走少年」の時と比べるとスムーズに映像がつながる。
「あ〜成長したなぁ〜」とか思っていると突如全然つながらないカットに遭遇。監督である自分を棚に上げてカメラマンにぶつくさと八つ当たり。小学生並みの精神力を露呈。
その後、必死の形相で脳細胞総動員。パズルのごとくカットを組み合わせる。結局、カメラマンがアドリブで撮った映像に助けられ絵コンテを超える映像が誕生することもしばしば。そんなときもカメラマンの才能を棚に上げ己の編集技術を賛美。

そんな器の小ささを自白したところで、脈絡もなくお知らせです。

明日24日、「ひかり荘」というWeb番組に生出演の予定。
本作品キヲクドロボウのアクション指導をしていただいた和希政幸さん率いる忍びの衆の皆さんの番組にゲスト出演。実は以前にも出演したのだが、まったく告知を忘れていたという失態をおかしたので今回は忘れないようにしっかり告知。

しかも、今回はキヲクドロボウ主演の正木蒼二さんも出演決定。平日まっただ中ではありますが見ていただければこれ幸い。生放送をいいことに、いろいろ裏話を暴露していくとかいかないとか。無料の会員登録をしていただくと掲示板へリアルタイムの書き込みができるので、是非とも生暖かい声援を送っていただきたい。

■番組詳細■
放送日:5月24日(水)
時間:14:00〜19:00
ひかり荘ゲストルームにて
http://casty.jp/hikarisou/
※生放送のため予定が変更になる場合がございます。


我々の出演予定は15時から。その後、16時からは正木さんが参加しているGacha7の皆さんも出演。実はこのGacha7さんのミュージックDVD制作を我々がやっているので、そちらの方もチェックしていただけると、感謝感激。キヲクドロボウでは照明やカメラをつとめてくれた天才CANOWが監督・編集をつとめた見事な一品に仕上がっており、Gacha7の魅力を余すことなくアピールしまくり。

勢いにのってDVDも購入していただけると、うちのCANOWが大変喜びますのでお願いします。
http://gacha7.net/dvd/info.html
| 22:29 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
新しいProjectYamakenのスタート【メンバー大募集】
21日(日)、桜木町事務所にてミーティングが行われた。
キヲクドロボウの撮影も一段落したということで反省会。オレとけいさくさんで話を脱線させ、CANOWとしゅん君は話半分でカメラいじりというまとまりと集中力のなさを発揮。これぞやまけん組というていたらくであったが、景ちゃんの必死の進行とぷーちゃんやヨッシーの的確な指摘でよい反省会となった。

ミーティングの図

反省会の後、今後のやまけん組の活動について話し合われた。

やまけん&hajはキヲクドロボウの編集とCG合成という仕事が山ほどあるのだが、他のメンバー的には手が空いている現状。せっかくのメンバーと機材を放っておくのももったいないということでヨッシーが新たな企画を考えてくれた。

ヨッシー企画

単純に言ってしまえばショートフィルムを作ろうというものだが、メンバーに様々な担当を知ってもらおうと言うことで担当が持ち回り制になった。
助監督だった人が音声をやったり、記録だった人がカメラをやったりとキヲクドロボウとは異なる仕事を担当してもらう。監督すら持ち回りだ。1つの担当を専門的に学んでもらうこともとても大事なことだが、こうやってそれぞれの立場を理解することでチームワークの向上につながる。

とくに自主制作映画では人材面、予算面からもお互いが助け合う必要があるため重要なことだ。それに多くのメンバーにとって自分のやりたいことを見つける上でとてもよいことで、すばらしいアイディア。

金銭面での計画もしっかりと練られていて、さすがヨッシーという感じ。あとは実際に行動を起こすのみ。ProjectYamakenの新しいスタートが切られた。どんな作品ができるのか楽しみだ。

失敗をおそれずにライトな思いつきの企画をバンバンやっていこうというこの企画。企画の持ち込みは誰でも自由。
「映画制作を楽しもう」というProjectYamakenの原点がここにある。「何をやりたいのか分からないけれど映画制作に携わってみたい。」そんな人は是非。この企画はこれから自主制作映画を初めて見たいという人はまさにピッタリだと思う。

Welcome
僕たち全然うさんくさくないから飛び込んでおいで!!

メンバー募集中
| 23:59 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
「ペ・ヨンジュンさん宅で火災」の威力
自分はすっかりネット依存症だなと思う。

編集作業の途中に疑問に思うことがあるとネットに接続して検索をかけたりすることが多いのだが、ここがくせ者。我がブラウザのホームページ(最初に表示されるサイト)はYahoo!。ブラウザを起動したとたんYahoo!が表示される。すぐさま検索したい言葉を入力すればいいのだがYahoo!ニュースが気になりすぎ。

画面右隅に「ペ・ヨンジュンさん宅で火災」なんて出た日にはクリックせずにはいられない。

ペ・ヨンジュンさん宅で火災

さらに親切なYahoo!はニュースの下に「ペ・ヨンジュン公式サイト」なんかをリンクしてくれちゃっているので気がつけばギャラリーにてヨン様スマイルと向き合っており、すでに何を検索しようとしていたか忘れる始末。

あげく「こんなニュース、2ちゃんねらー大喜びだろうな」なんて思った日には見に行かないわけにはいかず、気がつけばどこをどう間違ったのかおもしろFlashを必死に探している自分がいたりしますよ。お母さん。

このくだらない思考回路のおかげでどれだけ編集作業が中断したことか。韓流に負けてらんない。
| 02:08 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
ヤマギシコード(2.5メートル/2個口)780円
編集をして、気が付いたら夜中の2時過ぎ。驚きのあまり信濃の国を最後まで歌いそうになった。「規則正しい生活こそがよい作品を生む」がモットーで、手帳のスケジュールと時計を見ながら今まで生きてきた。キモイくらいに。

一日のスケジュールを書き込んでいる手帳

先日、「誰でもピカソ」とかいうTV番組を見ていたら「レオナルド・ダ・ビンチ」も規則正しく生活しメモ魔であったことを知り、「もしやオレは天才かもしれない」と勘違い。キヲクドロボウにヤマギシコードでもしたためようかと思っていた矢先であった。

「やめて寝よう」と思うのだが、「あともう1カットつないだら」だの「このカットを少しだけ短くしてみたら」だの言い出してきりがない。まるで別れるとなったら急に惜しくなってズルズルと…みたいな。この燃えたぎる創作意欲を今封印してしまうのは惜しくて仕方がないのだ。こんな時はどうしたらいいんだろうか。教えてまっちこせんせーい。

編集画面

アホなことをのたまわりながらズルズルとやっていたら、結局3時。天才への道は果てしないと思った。まだ後ろ髪引かれる思いなのだが、やはり己のモットーを信じたいと思う。この創作意欲が明日尽きているようならば、それこそ己の才能を疑った方がいい。

明日いつも通り起きれるか心配。
| 03:14 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |