ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< 2019年 09月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MLOVbwRtHJLJ (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    czKOcMRalQfxAYMAwtV (05/24)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    fxiSazQX (05/23)
  • 廃工場での撮影
    KIMU (02/09)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
キヲクドロボウ上映終了
先週、21日(金)に下北沢トリウッドで行われておりましたキヲクドロボウのロードショーが終了いたしました。

激動の4週間でした。
沢山のお客様にご来場いただいて、ご鑑賞いただいて本当にありがとうございました。

我々はとにかく沢山のお客さんに作品を見てもらいたく、毎週秋葉原で、毎日下北沢駅前でチラシ配りをしておりました。
メンバーそれぞれ、仕事も学校もアルバイトもある中で、空いた時間に交代でチラシをまいてくれました。それも凄く寒い中。

チラシ配り

キヲクドロボウ撮影時を思い出すようでした。
この姿こそProjectYamakenの真骨頂であり、キヲクドロボウを作り上げた力なんだなと改めて思いました。

その甲斐もあってアキバBlogにチラシ配りを取り上げていただき、新しいお客さん達をゲットすることが出来ました。

また、沢山の人たちがブログでキヲクドロボウを紹介してくれました。
おどろいたのは関係者の人ばかりではなく、mixiニュースやアキバblogで興味を持った一般の人たちも丁寧に感想ブログを書いて下さっていた事です。

そういったブログがまた人を呼び、ロードショー後半は本当に沢山の座席が埋まりました。関係者に近い人たちだけではなく、一般の人たちにもご支持いただけたことが今回の大きな成果でした。

トークショー
最終回上映後は、トークショーを行いました。沢山の人に感謝を伝えたく言葉を選んだ結果しどろもどろに。それでも会場にいた皆様から暖かい拍手を最後に頂きまして本当にありがとうございました。

記念撮影
最後はスタッフみんなでトリウッドの前で記念撮影です。本当に素敵な4週間でした。観に来てくれたお客様、トリウッドの皆様、取り上げていただいたマスコミの皆様、キャスト・スタッフの皆様、この映画に関わってくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。

そして、キヲクドロボウは新しい展開へと進んでいきます。すでにいくつかイベントが見えてきてはいるのですが、まだ正式にお伝えできる段階ではありません。今後もメールマガジンやこのブログ、mixiコミュニティーなどでお伝えしていきますのでご支援宜しくお願いいたします。

そして、ProjectYamakenとしても来年は次回作なんかでお会いできればと思っています。
「キヲクドロボウの作り方」はまだまだ続きます。どーぞ、よろしく。
| 20:42 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
【短期連載】キヲクドロボウの作り方-001パイロットフィルム
ここ最近、キヲクに興味を持ってくれた方が多く、一体どうやって作ったのだろうかという質問を頂くことが多くなりました。本当にありがとうございます。お陰様ですっかり監督気取りです。すいません。

実はブログを3年ほどさかのぼって読んでいただくと、おおよそ細かく書かれているのでどのような経緯でこのキヲクドロボウが作られてしまったのかが分かるのですが、他人のブログをそんなに必死に読む人はいないと思いまして、今日あたりから短期連載でキヲクドロボウの作り方をご紹介していこうと思った次第です。

でも、いざキーボードに向かうと、記憶が曖昧だったり文章にしても面白みがなかったりだったので、昔の写真を見ながら思い出せる範囲で振り返ってみようという中途半端な企画に変更しました。ほんと根性なくてすいません。

■2003年8月24日
お買い物
おそらくキヲクドロボウ周りで一番古い写真がコレです。
「ホームセンターではしゃいでるアホ」という感じの写真ですが、これはキヲクドロボウパイロットフィルムの為の大道具素材を購入しているところです。

実は、イメージ先行のキヲクドロボウは脚本も完成していないのに、役者も決まっていないのに、とにかく映像が撮りたくてプロモーション用の偽予告編を作ろうというところからスタートしております。
我々はこれをパイロットフィルムと呼んでいます。

■2003年8月24日
お部屋
買ってきた塩ビパイプやらコードなどを自分の部屋に配置して無理矢理未来な感じを出そうとしています。最終的にはhajのCGに相当助けてもらわないとどうしようもない感じでした。逆にこのときにCGすごさを実感し、のちに頼り過ぎて痛い目を見ることになります。

■2003年8月31日
外でも撮影
渋谷の怪しい路地裏で撮影しております。たしかパイロットフィルムはこのくそ暑い夏時に1週間くらいで撮り上げた気がします。
ここでの撮影は、不慣れなクセに無駄なこだわりが多く終電がすぎても続けられました。

■2003年8月31日
世界一の酒
クランクアップ後に飲んだこの日のビールの味が忘れられません。もしかしたらこのビールの味を追い求めて今も映画を作っている可能性すらあります。
そして、この後の居酒屋の請求額も忘れることはありません。

そんな、今以上に手作り感満載で先も見えず思いつくままにトライ&エラーを繰り返し撮影したパイロットフィルムがコレです。



こちらから絵コンテが見れます。

結局2004年どころか完成したのは2006年年末だったわけですが。また。このムービーをネットで公開して役者さんを集めようと言うもくろみだったので、最後にキャスト・スタッフ募集のうたい文句が入ります。逃想少年の上映時に劇場でも流れました。
全てはここから始まったのだと言っても過言ではない作品です。

当初、「-collapse of the Next-generation-」という副題がついていました。
この意味は本編を見ていただいた方にはご理解いただけると思います。いや、ご理解いただけてなくてもいいんですが・・・

ちなみにタロウ役は現在スタッフの要で車両&グリップ担当のけいさくさんです。なかなか良い味を出していて、とても好評でした。

記憶を盗むとき、首筋にプラグを差し込むという設定が後半見られますが、明らかに攻殻機動隊やマトリックスの影響だと思われます。本編ではヘッドギアをかぶせるというソフトな表現にかわっていますが、あえてグロテスクなこの頃の設定でも面白かったなとは思います。

キヲクドロボウの決めゼリフ
「何が望みだ!」「あんたの記憶さ!」
は、すでにこのときに出来上がっていましたし、この辺のシークエンスはかなり近いテイストで本編にも出てきますね。

このパイロットでは、まだ空飛ぶ車は一瞬しか出てこず、我々としてはやや心配が残っておりました。空飛ぶ車と実写との合成をもっと試したいという事でこの後、カメラテストと呼ばれる撮影がもう一度行われます。その話はまた次回。

次回につづく

「キヲクドロボウの作り方」では、皆様の質問お待ちしております。皆様の質問になるべく答える形で連載していこうと思いますが、答えられる質問と答えられない質問があります。大人の対応と言うことでご理解下さい。

ご質問はコメント欄。またはお問い合せフォームよりご応募下さい。
※コメント欄へのご質問時にはネタバレにご注意下さい。ネタバレコメントは削除させていただく場合があります。

すでに、ご覧になられた方。まだご覧になられていない方どちらの方でも大歓迎募集中です。CGに付いての質問はもちろん石田監督がお答えしますのでドシドシお寄せ下さい(無責任)。
| 01:48 | コメントを書く (6) | トラックバック (0) |
今年最大のミス
夕刊フジが我々の活動を取り上げてくれ、それが結果的にmixiニュースとしてネット中を駆けめぐったらしく、朝起きたらキヲクドロボウのアクセス数がとんでもないことになっていました。

mixiニュース「制作費300万SF映画vs70億円大作の見所」
ZAKZAK「制作費300万SF映画vs70億円大作の見所」

いやはや、米映画「フライボーイズ」の関係者にとっては「お前誰やねん!」みたいな感じで大変申し訳ない気分になりますが、戦闘機大好きなんで観に行きますから許してください。

これで興味を持ってくれて少しでも映画を観に来てくれる人が増えればとても嬉しいことなのだけど、今さっきとんでもないことに気づいた。
アクセスが過去最高記録を見せた日のブログの最後の一行がこれ。


「これからも内肛門括約筋を引き締めて頑張っていきたい所存です。宜しくお願いします。」


あ〜あ。このところ万が一に備え下ネタは控え気味に頑張っていたのに、ちょっと油断した隙にこの有様。よりにもよって肛門はなかったなと、反省。

それでも、mixiニュースを見た様々な方から応援の言葉を頂き本当に幸せな一日を過ごしました。ありがとうございました。お時間ありましたら是非、作品を見てやってください。

これからも内肛門括約筋を引き締めて頑張っていきたい所存です。
| 20:20 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
キヲクドロボウ-ロングラン決定!!
キヲクのメイキングを…と思わせぶりにふっておきながらすいません、なんかとてつもなく嬉しい事態が発生したのでそちらのご報告を先に。

ロングラン決定です!!


久しぶりにデカ文字を使うテンションのあがりっぷりですよ女将さん。
みなさまのお陰様でキヲクドロボウは公開から一週間、ご好評を頂きまして2週間の上映期間の予定が4週間のロングラン決定です。

2バイ2バイ。マルハッチですよ。高見山。

つまりはクリスマス直前の12月21日(金)までの上映と言うことで、こりゃ〜ますます宣伝も頑張っていかないとってことです。
12月21日です。上から読んでも下から読んでも1221です。だからなんだと言われても困ります。

見終わった方が、ブログで感想を書いて他の人に勧めてくれていたりするのをたまにネットで見受けるのですがコレが本当に嬉しいです。スタッフが一生懸命宣伝活動をしてお客さんが集まるのも当然嬉しいですが、やはり口コミというのは作品が面白いからこその効果だと思っているので、本当に嬉しいです。

そして、そうやって支持してくださる皆さんあってのロングランです。本当にありがとうございます。愛してます。

そんなうれしさあまって、携帯電話サイトでもキヲクドロボウ情報が確認できるようになりました。何となく興奮しすぎて力の入れどころを間違えちゃってる気もしますが…しかもiモーションで予告編が見れちゃいます。ドコモだけですいません。他のキャリアについてはまた勉強します。
これでまたジャンジャンお外で宣伝しちゃってください。

携帯サイトを見る方法はこちら!

これからも内肛門括約筋を引き締めて頑張っていきたい所存です。宜しくお願いいたします。
| 01:39 | コメントを書く (5) | トラックバック (0) |