ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< 2003年 12月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    uTwOzoPHpzln (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    vgrZPAdVCE (06/21)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    VvGLoOmRnovCkPBl (06/21)
  • 謝罪:雑誌「DIRECTOR'S MAGAZINE」に載りました
    クロムハーツ ネックレス (09/11)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
年の瀬であります
ついに今年最後の日。

今年もいろいろありました。
2003年の前半は、逃想少年の編集に明け暮れておりました。
逃想少年を完成させたのは、遠い昔のように思えるけれど、よく考えたら、まだ今年の出来事だったのね。

その後、上映会。
上映会前の日記を読んでいると、ともかく上映日が心配で心配で仕方なかったのだなぁ〜と思う。そのストレスか仕事のストレスか、K-'sにかみついてみたり・・・反省。
でも、そんな心配とは裏腹に当日は自分の予想の何倍もの人が来てくれて本当に良かった。まさか、ここまでの大成功は予想していなかった。
でも、それはきっと自分たちの力じゃない。津田さん達の人気に後押しされた、たまものであると言うことを、忘れてはならない。津田さんがいなくなった次回作こそ、我々の本当の力が試されるときなのかも知れない。

さらに、その勢いでのDVD制作。
これも、同じく津田さん達の後押しあってのモノだけど、とにかく沢山の人に購入してもらえてホント嬉しかった。やまけん組のこれまでの集大成として、DVDという形で残せて本当に良かったと思う。

今年は、おもだった撮影などあまりなかったのだけれど、編集に上映会と、ある意味、やまけん組としてはひとつ区切りの年であったのだなと思います。
2000年から始まって3年。やっと一区切りです。

2003年のオレの密かなテーマは「自分に厳しく」だった。今まではずいぶんとテキトーに生きてきた。やまけん組での活動だって、随分甘えがあった。それは「逃想少年」という作品に如実に表れていた。役者さんやスタッフのがんばりを自分一人の甘えで台無しにしかねない。編集の時、切にそのことを感じた。監督として、リーダーとして、踏ん張りきらなければ全てを台無しにしてしまうのだと思った。

そう思えたことで、そうキモに命じたことで、完成から上映会、DVDまで行き着けた。きっと今までの自分だったらここまでやり遂げる事は出来なかったと思う。
そんな気持ちにさせてくれたのは、やはり「逃想少年」だった。
編集前に何度も何度もテープを見返したとき、みんなの頑張りと完成に対する期待を強く感じた。そういう目に見えないメンバーの気持ちがあったからこそ、自分自身変われたし、頑張り通すことが出来た。
今更ながら、メンバーに「ありがとう」と伝えたい。

ただ反省点も多くある。
自分に厳しくしたためか、完成へのプレッシャー、上映会のプレッシャーそういったものせいなのか、他人にも厳しくなっていた。ずいぶんと愚痴も多かった。口を開けば他人の悪口しか出てこなかったときもあった。
メンバーやその他の人を随分嫌な気持ちにさせてしまったように思う。
「やまけん怖くなった」と言われたことも何度かあった。
自分自身でも、「嫌な奴になってしまったなぁ」と思う。

そんなワケで来年は「自分により厳しく、人には優しく」。
そういうテーマでがんばっていきたいと思う。

来年はいよいよ新作「キヲクドロボウ」の制作だ。
見る人をワクワクさせるような素晴らしい作品にしたいと思う。

皆さん、よろしくお願いします。
| 21:23 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
思わぬ大誤算
仕事も終わって、肩の荷が下りて、一ヶ月ぶりくらいに、心から休日を楽しめる本日。

ワーイワーイと遊んでおりました。
寝っ転がってゲームやったり、腹減ったらピザ頼んだり。
それはもう地味ながらオレ的にはものすごい豪遊気分です。

さて、そろそろ地元に帰る支度でもするかと、荷物をまとめ服を着替えていると・・・ケータイ電話が鳴った・・・


臨時の仕事である(TT


年越し前にホームページを修正してもらいたいと言うことだった。とりあえず、そのまま新幹線に迎えるように、荷物を持って会社へ出かける。

パソコンに向かって、黙々と作業する。

ようやく終わって、時計を見るとPM10時!!


し・・・新幹線が間に合わない・・・

それでもなんとか帰りたいオレは、親に車で埼玉まで迎えに来てもらうという甘ったれっぷりを発揮し、なんとか予定通り長野に到着したのでありました。

長野さみい!!
| 21:03 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
なんとか、かんとか・・・
本日・・・というか実際は30日の早朝・・・
なんとか仕事が終わった!!

ここのところ11月下旬あたりから、おそらく、オレ至上もっとも働いた期間ではなかろうか。

なまけもののオレがよく頑張ったものだ。
だれも、誉めないから自分で誉める。

ともかくそれもこれも、来年から映画に集中するためである。
来年は、映画撮りまくるぞ!!
| 21:02 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
踏ん張りどころ!!
オレの当初の予定では、ここで仕事が終了し、29日をゆっくり過ごし、30日に新幹線で帰郷するという予定だったのだが・・・

どーにも、今日中に仕事が終わる気配はない・・・

というか、実際オレの仕事としては粗方片づいたのだが、先方の諸事情により、ちょっとゴタゴタして来てしまったのだ。
オレがもう少し余裕を持って仕事をこなしていれば、こんなゴタゴタはなかったかも知れないのだが、今更そこを悔やんでも仕方なく、とりあえず目の前の仕事をこなす。

はたして、オレは今年中に仕事を終えることが出来るのか!?
| 21:02 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |