ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< 2004年 01月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
仕事と映画とやまけんと
この日は、仕事で結構バタバタしてて、なかなか脚本の時間が作れなかったです。
やっぱり、1月ってのは、みんな心機一転でクライアントさんもホームページを一新したり、新企画を立ち上げてみたりと、ほんと依頼殺到です。

2004年は映画一本で!!

という目標はどこへやら・・・
とりあえず、1年間は映画を撮って遊んで暮らせるだけの資金を確保したんですが、やっぱりオレを頼って仕事をくれる、昔からのクライアントさんの依頼を断るわけにもいかず、なかなか映画に没頭できません。

でも、やっぱり仕事も大事です。
クライアントさんがお仕事くれるから、好き勝手映画が撮れるわけだし、最近は「映画で忙しいでしょうけど・・・」なんて言ってくれるので、逆に断れません(^^;

それでも去年よりは幾分楽になったので、これからも仕事との両立でがんばって参ります。
| 23:39 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
さらば愛しき桜木町駅よ
今日は会社で脚本を書いていると、いやに外が騒がしい・・・
「何事か?」と外を見ると、桜木町駅にものすごい数の人々が!!
しかも、なぜかそこからパシャパシャとフラッシュの光がしきりなしに点滅している。


そうだ!今日で東急東横線の桜木町駅がなくなってしまうのだ!!


まぁ、桜木町に引っ越して2年目・・・それほど愛着があるワケじゃないんだけど、やっぱりいつも使っていた電車がなくなってしまうのは寂しい・・・

そんなワケで、脚本制作を一時中断して桜木町駅へ野次馬w
せっかくなので、カメラでパシャパシャと桜木町駅の看板をとっている人を逆に激写!!

電車マニアが多いのかと思ったら、最近はみんなカメラ付ケータイ持ってるから、通りがかりの人が、思いつきでとっているようなのが多いのに驚き。

再び、会社に戻って脚本を書いたけど、やっぱりなんとなく寂しい気持ちになって、何度か駅を窓から見ていました。


いつも運んでくれてありがと〜。さようなら!!
そしてご苦労様でした!!
| 23:39 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
脚本雑記
しかし、脚本というものはこうも時間のかかるものかと驚く毎日です。

頭の中では最後まで出来上がっているつもりでも、具体的に文字にしていくと、細かい部分のセリフ回しやつじつま合わせが大変です。

セリフのしゃべりだしを「おい」にするか「なぁ」にするかで、平気で30分くらい悩みます。
一見、どうでもいいような話かも知れないけれど、こういう細かいセリフ回しの積み重ねが、架空のキャラクターに命を吹き込んでいくのだと思ったりしています。

そんなことをずっと続けていくわけです・・・

以前、「箱書きという脚本の書き方はいかがなものか?」という日記を書いたと思うんだけど、やはり箱書きは必要であると気づきました。

少なくともオレには・・・

才能のある脚本家や小説家は箱書きをしないとも聞きますが、オレみたいに想像力と集中力の足りない人間は、上記したとおり、いちいち悩みます。単語2〜3個ごとに悩んでいるような状況です。
そうなると、とても全体なんか見えていません。見えるわけがありません。

それにはやはり全体を把握するべきために、まず最後までザ〜〜っと箇条書きにする箱書きが必要なのです。
ここで、ポイントなのは、最後は書きません。

ってか、それは間違ってるかも知れないけど、箱書きに対する最後の挑戦です。
オレが箱書きを否定したのは、箱書きは、最初から「オチ」を決めてそこに向かって進む予定調和脚本を作り出してしまうものだと思ったからです。

もちろん、オチありきの素晴らしい映画もあります。
オチのために2時間があるという映画も多いです。
それは、嫌いじゃないんですが、オレは今回、箱書き否定の根本的な持論を証明すべく、挑みます。

・・・そんなワケでキヲクドロボウのオチは決まっていませんw
まぁ、オチありきの映画じゃないんで、あまり期待は出来ませんが、キヲクドロボウには、どんな結末が待っているのか・・・オレ自身も楽しみなのです。
| 23:38 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
【fragile】 こわれやすい。きずつきやすい。もろい。
1日脚本とにらめっこしたあと、夕方過ぎくらいから、やまけん組に応募のあった方とお会いしました。

女性だったので、一人で家に来てもらうわけにもいかないので、とりあえず渋谷で待ち合わせをして、マックっでメシを食いながら話をしました。

この子は、すごく背の低い子だった。
でも、彼女はそれを自分の武器だと話していました。

「コンプレックスを武器に出来ると人間は強くなれる」

なにを今更、恥ずかしいこと言ってんだよって思うかも知れないが、この日記はその恥ずかしさを包み隠さぬ放置プレイ的マゾヒズムによって成立しているのは、言うまでもなく、ご覚悟頂きたい。

まぁ、そんなありきたりで聞き飽きた言葉だけども、やっぱり実際にそういう人に出会うとあらためてそう思う。
そして、案外オレらはそういうことが出来ていない。

もっと、根本的に話すと、世の中にはプラスもマイナスもない。
そういえば「借金も金だ」と言っていた人がいたw
それは、どうかと思うが、背の高い低いだけじゃなく、もっと細かいところで抱いている数々の微妙なコンプレックス達を全て武器に出来たら、すばらしいと思った。

彼女のハキハキとした生き様を見ていると、そう思えてならなかった。
| 23:37 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |