ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< 2004年 03月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    uTwOzoPHpzln (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    vgrZPAdVCE (06/21)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    VvGLoOmRnovCkPBl (06/21)
  • 謝罪:雑誌「DIRECTOR'S MAGAZINE」に載りました
    クロムハーツ ネックレス (09/11)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
今日が閉めきりですよ。山岸さん。
締め切りの朝。

今日の午後2時までにデータベースを完成させて持って行かなければならない・・・

が、オレの目の前にあるデータベースはその要求された昨日の半分しか満たされていない不完全なもの。
クライアントに電話して平謝りで締め切りを2日伸ばしてもらった。

・・・が、正直自分自身、2日伸ばしてもらったところで完成させられるかどうかは分からない。
なにせ、未開拓領域である。

実際、半分まで出来たと言っても手探り状態で何がなんだか分からないけど、いじってたら出来たってな感じなのである。
いつどこでどんな不具合が生じるか分からない。

だいたいムリなのである!!
データベースと言えば、専門学校でもそれ専門の学科があって2〜3年勉強しなければならない分野である。
それを数日で0からはじめようなんて考えが甘すぎたのである。

最悪の事態を想定しつつ不可能に挑戦するしかないのである。
| 04:19 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
締め切り前日
月末ともなると様々な締め切りが交錯するいやな雰囲気が漂い出すわけです。

それでもなんとか計画的にこなしてきたので、今月は残す締め切りが一つ。こいつをうまくまとめて、いい加減来月からは映画に着手したいんだけど・・・

この最後に残っている仕事というのが以前も話したけどデータベース。

「記憶」の映画を創ろうとしている男が、記憶のデジタル化の代表格であるデータベース制作という仕事に翻弄されているのは笑い話にもならない。

というか、オレの本職は一応Webデザインである。
データベースなんていままで作ったこともなければ勉強したこともない。
だから、大量の本を購入してきて片っ端からお勉強である。
けど、データーベースなんてそんな簡単なものじゃない。
素人が2〜3日勉強した程度で作れるものではない。

でも、受けてしまったものは仕方ない。
この日から不可能に挑戦する連続徹夜の日々が始まった。
| 04:18 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
お仕事週間開始
さてさて、昨日のムチャクチャなスケジュールをこなしたオレはグダグダになりながらも仕事の予定がギチギチに入っているので、フラフラの身体をズルズルと引きづりながら、ギリギリの状態で仕事をバリバリと始めたのでありました。

ほんと、記録に残すほどのことはないので、こんな言葉遊びで許してください。
| 04:18 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
お花見です
さて、昨日おもいっきし間違えてしまったワケですが今日こそ花見です。

ところが、この花見の日付を間違えていたと言うことが今日のスケジュールを大幅に崩してくれたわけです。
なんと、今日は夕方から小林くんに誘われた演劇を見に行くというスケジュールがブッキングされているわけです。

すでに、このときから最悪のシナリオが想定されていたわけです。


朝から花見でグテングテン→グテングテンで演劇を見る→グテングテンのまま小林ともう一杯→翌日二日酔い


朝早く起きて意気揚々と代々木公園に向かい、オレよりももっと朝早くから場所録りをしてくれていたまきぐちょらと合流。
まだ参加メンバーがまばらな中、ちびちびと飲み始めました。

お花見

・・・が、先週とはうってかわって晴天の花見日より。
炎天下のしたで酒の回りが早く、すでにこの初期状態あたりから記憶が曖昧でございます。
というよりは、記憶にとどめるほどたいした話もせず、ただ単純に楽しかったという記憶ぐらいしか残っていないわけです。

随分酒が回ったにもかかわらず、きっちり小林の演劇に遅れないようスケジュール通り代々木公園を離れ、一路小林との待ち合わせである芸大前へ向かいました。

・・・が、酒のせいなのか早起きのせいなのか、電車内で眠ってしまい吉祥寺から電車に乗ったはずなのに気がついたらまた吉祥寺でした・・・
再び気合いを入れ直して、日芸前まで言ったときにはすでに大幅に遅刻しており、待っていてくれた小林とたいぞうくんに平謝りしつつ演劇会場に途中入場。

演劇の内容は・・・

・・・記録に残るところには書きたくありません。

それにしたって、演劇ってのは大変だね。
照明から音楽から全てのタイミングに生で合わせていかなければならないわけだから。
映画とは似て非なるもの。
個人的にはサッカーに似ているなと思ったわけですよ。
練習を重ねてシュートまでの様々なパターンを記憶し、本番でそれを演じていく。
こりゃスポーツだよね一種。

まぁそんなことを思いながら見終わった後、小林、たいぞうと居酒屋に入って、なにかを話した。
いろいろ話した気がするけど、このときはすでオレはかなり具合が悪くなっている状態であまり覚えていない・・・
とにかく頭が痛かったと言うことぐらいしか覚えていない。

そして、家に帰ってからも頭の痛さは収まらず・・・
早起きのせいもあってとにかく眠かったんだけど、この頭の痛さの異常さに恐怖心を抱きなかなか眠れない。

「このまま寝てしまったら死んでしまうんじゃないか?」

そんな恐怖が何度も頭をよぎり、結局朝方まで起きてました・・・
朝方ようやく頭痛も治まってきたころようやく眠りについたのでありました。

この日はいろいろなことがあったにもかかわらず「頭が痛くて怖かった」という記憶のみが鮮明に残ったのでありました。
| 04:17 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |