ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< 2004年 09月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
言い訳日記
ここ数ヶ月はず〜〜っとオレの脚本の言い訳日記の様になってしまっているココですが・・・

ほんと、スイマセン。
何もやっていないわけではなく、逆にここ数日はず〜っと脚本に向かっているんだけれど、ただただ悩むばかりで進んでいないというのが現状です。

それでもなんとなく、頭の中で形にはなってきているんです。
もう少し、もう少しお待ちください。
| 08:10 | コメントを書く (1) | トラックバック (0) |
やっぱりケリはつけられなかった・・・
いい加減、脚本を完成さえたいのだけれど一向にまとまらない。
一度完成した脚本に、あれもこれも詰め込むのはムリがあるのかも知れない。

もう一度、元の脚本を読み直して、もっとシンプルに考えよう。

みなさん。
お待たせしてしまってスイマセンm(_ _)m
| 08:10 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
アホみたいな雨に降られて
やまけん組に応募のあった役者さんと会ってお話をしてから、会社に戻り仕事を軽くこなした上で脚本制作を行いました。

・・・が、役者さんと渋谷で会ったのですがアホみたいな土砂降りに遭い、会社に戻っても服はずぶぬれ。
なんともいえない不快感で脚本を書く気にもなれず。
さらには妙な疲労感に襲われ、そのままソファーで就寝。

グッスリ眠ってしまい、起きたのは深夜。

とりあえず服も乾いていたので、そのままパソコンに向かってみっちりと脚本を書きました。
土日でケリをつけたかったけど・・・怪しい雲行きです。
| 08:09 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
徹夜の日々です
今日は、仕事の打ち合わせの後かえって会社で脚本に向かっておりました。

途中、メッセンジャーでゴンちゃんに役者さんを紹介してもらったりしながら、一生懸命脚本を書きました。

今、悩んでいるところは構成です。
大まかな展開と、各人物の設定などあらかたまとまり、後はそれをどこまで見せるか、どう表現するかというところが問題になっています。

なんせ「記憶」を扱う今回の作品ですから、物語が過去にさかのぼったり現代に戻ったりと、単純に時間軸にあわせて物語を進行させればよいという感じではないので大変です。


「あれはオレが太陽だった頃・・・」
そのまま、5年前のモノクロ映像がフェードイン。


みたいな感じなんですが、こういうベタな演出を何度も使うのはちょっと恥ずかしい感じだし、あまりやりすぎると回想シーンばかりで退屈になってしまいます。
とはいえ「こういう過去があってこうなのよ」ってのがなければテーマそのものが消失しかねないので難しいところです。

まぁ、ともかく土日でなんとかケリをつけたいところです。
| 08:09 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |