ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< 2005年 04月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
アクションシーンと音楽担当
土曜日カメラテスト。

キヲクドロボウはCGシーンもさることながらアクションシーンも見所。
それはもう期待していただきたいところだが、実は我々アクションなんて撮ったことがない。

右も左も分からない事をここで白状。

それはそうである。
今までのやまけん作品の主人公を考えていただきたい。

「ビックリシャックリ」→シャックリが止まらない学生
「違いに気づきはじめた…」→渋谷に遊びに来た学生
「逃想少年」→コンビニのアルバイト

基本的に生産性のないフヌケが主人公という道のりであった。
こいつらがアクションなどするわけがなく、やったことと言えばシャックリを止めようとしたり、山手線に乗って一周してみたり、銀行強盗にたてこもられたりである。
そんなわけでやまけん組としてもアクションシーンを撮影する機会などなかったのだ。

そこで、今回アクションシーンを中心としたカメラテストの運びとなった。
本日集まったメンバーは男子7名、女子1名、赤子1名。

望遠レンズ搭載カメラを持って団体が公園へやってくるのだから近所の住民はさぞ警戒したことと思うが、女性と赤ちゃんがメンバーに参加してくれていたことにより無事緩和。

やまけん組は子連れでも大歓迎です。

その後、黙々とアクションシーンの撮影に励んでみた。
前回渡米していたhajの参加により、いよいよカメラテストも本格化である。

カメラテストなのでキャストはメンバースタッフである。
とはいえ、回し蹴りをするけいさくさんは草野球選手であり身体的能力の高さは折り紙付きなので安心だ。
対する「蹴られ役」は音楽担当の小林。

アクションシーンに音楽担当者を起用する奇抜さはタランティーノを超えると思う。

自分のカット割りで本当に映像が繋がって見れるのか?
説得力のあるアクションシーンになるのか?
そんな不安満載で手探り状態の撮影は、回し蹴りシーンでけいさくさんが安藤美姫もビックリの20〜30回転しバターになりそうになったところで終了した。

お疲れしまでした!
カメラテスト:集合写真

そのまま、一部メンバーとはお別れし残りのメンバーで夕食へ。
音響担当の鈴木さんという新メンバーも入ったのでお酒も交えて楽しく語らった。
語らいすぎ、全員が終電を逃したところでメンバーを連れて自宅に戻り明日のカメラテストに向けて本日の素材を粗編集。

試行錯誤の末、それなりにアクションシーンとして成り立っていたので一安心。

ただ春の柔らかな日差しの元、緑生い茂る公園での撮影だったためやたらと清々しい映像に。そこへきて、音楽担当さらさらヘアー小林の名演技である。
「卒業式の1コマ」というアクションシーンとは思えないタイトルを付けたくなる作品に仕上がった。

明日はこの粗編集をもとに反省点などを検討し、同じシーンの完成度をさらに高めることにした。

最後にケイサクさんの回し蹴りアニメーションをお見せしておきたい。

カメラテスト:けいさく回し蹴り

追記)2004/5/2 11:26
かんきちさんのご指摘で「回し蹴り」ではなく「後ろ回し蹴り」ということが判明しましたw
| 19:23 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |
気がつけばもう1週間かよ!
なんだかんだで1週間があっという間に過ぎてしまった。
先週末から風邪を引いてしまい体調悪いし、仕事は締め切り間近だしで映画にぜんぜん手を付けられなかった1週間。

来週からは身体が空くので挽回していかなければと思います。

そうそうhajがアメリカから無事に帰ってきてしまいました。
水曜日はそんなhajと会い、映画の件で某企業とミーティング。
その後、仕事の件で某企業とミーティングと帰国早々趣味に仕事に大忙しという感じでした。

その後、映画のことや仕事のことで終電まで酔っぱらい状態でミーティング。ってか飲み。

お土産もらいました。

hajのお土産:カチンコ
| 11:26 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
望遠レンズ実戦投入
前日の土曜日、とある映画関係者の依頼により、急遽カメラテストを中止しエキストラ支援として活躍した我がやまけん組。
その後、どういうワケか早稲田サークルの新歓コンパに合流し、高田馬場の漫画喫茶で夜を明かすこととなった…

日曜日にはカメラテストがあるためメンバーけいさくさんと体を引きづりながら始発で、自宅に戻りお昼の集合時間まで本格的に就寝。

集合1時間前にけたたましい目覚ましで起こされる。
シャワーを浴びるけいさくさんを部屋に置いて二日酔い気味の頭を押さえながら予定の12時に桜木町駅にメンバーを迎えに行く。

誰も来ない…

30分ほど駅前でボーっと待っていたがダレも来ないので、いたたまれなくなり帰宅。
半べそをかきながら部屋のドアを開けたら、けいさくさんが風呂上がりのすがすがしい笑顔で向かえてくれた。

その後、メンバーとメール連絡。
昨日の新歓コンパで倒れた奴ら複数と土曜日の予定変更で日曜日の予定がなくなったと勘違いした奴ら数名。
オレの管理ミスと連絡の不親切さが原因のようです。
新歓コンパなんて連れて行ったのが間違えでした。無念…

その後、2名がなんとか合流して4人でカメラテストを行った。
春のうららかな日差しのもと、大変爽やかなカメラテストとなりました。

カメラテスト:一場面(やらせ)

とりあえず、やろうと思っていた望遠レンズの実戦投入テストは無事すませることができました。
久しぶりの撮影で、なんとも楽しかったです。

メンバー大量欠席の件は、まぁ仕方ないかなと(^^;
自主制作映画だし。モチベーションにばらつきがあるのは仕方がないと思います。
時間のあるときに手伝ってくれるだけでも、ほんと助かってます。
| 16:41 | コメントを書く (8) | トラックバック (0) |
脚本と台本と心強さと
今日はほぼ1日、絵コンテを描いていた。
丸1日かけたのに脚本7ページ分(1頁20文字×10行計算)。
ちなみに全270ページ。

前回、脚本が全60ページと言ったのは台本フォーマット(1頁33文字×40行)での計算でした。今回は脚本フォーマット(1頁20文字×10行)です。
台本フォーマットというのは手元にあるO's Editor2というソフトのフォーマットで一般的なのかが微妙なので、今後は脚本フォーマットに統一します。

はい。ここで「脚本と台本って違うのかよ!」と今さら三村突っ込みをかました人。待ってました。

オレもそう思って調べてみた。
ただ、明確な答えは見つからずいろいろな本を見た結果の総合であることを前提に聞いてほしい。

「脚本とはあくまでも映画を作る前の純粋にストーリーとしての素材で、台本はその脚本を元に現場での指示などを取り入れたもの」
と言うことだそうです。
スタッフ同士の話し合いの時、メンバーの黒ねずみくんが言っていたのを聞いて自分なりにも調べたのだが、「どちらも同じもの」という意見が大半を占める中、上のようなもっともらしい説明をいくつかみつけた。

たしかに今、絵コンテを描いている段階で脚本より具体的な動作の指定が必要になったり、台詞のタイミングの変更などが出てきて、脚本の次に台本という存在が必要であることに気づかされる。

「脚本→絵コンテ→台本」という図式。

まぁ、今までは台本など作らずに直接絵コンテ配ってやっていたわけだけど、今回のキヲクドロボウでは絵コンテを配ろうと思うとシャレにならない印刷代がかかりそうなので台本制作が必要なのかなと思った。

そんな時間があるのかどうかは微妙…

そんな基本的なことに今さら気づいた今日この頃でしたが
とりあえず絵コンテがんばります。
| 23:26 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |