ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< 2005年 05月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    uTwOzoPHpzln (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    vgrZPAdVCE (06/21)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    VvGLoOmRnovCkPBl (06/21)
  • 謝罪:雑誌「DIRECTOR'S MAGAZINE」に載りました
    クロムハーツ ネックレス (09/11)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
悪化の一途
さて、体調はなおも悪化の一途をたどりつつ目覚め。

昨日リストアップの方はだいたい完了したので、本日はドリーとレールの制作。
キヲクドロボウではスケール感のある撮影をモットーとしていきたいところなので、クレーンやドリーなどを多用したいのである。
が、しかしもこれら特機と呼ばれる部類の道具はレンタルするにしても1日数万単位でアホらしいので制作の運びとなった。

が、しかし「とりあえず作ってみよう」という思いつきでの行動は実を結ばず、ホームセンターであっちこっち走り回った結果、「そんな簡単には作れない」という結果とオレの容態の悪化という結末に。

すっかり具合が悪くなり判断能力もなくなり、実はこの辺から記憶が曖昧なのだが…

そうそう、本日は見学のベチコさんを始めおそらく過去最多人数であろうくらいに部屋にいっぱい人が来た。

最多記録

人がいっぱいいるのにリーダー体調不良でこれといった指示も出来ずな感じでした。
ここで、がんばってくれたのはプーちゃん。
相変わらずOLの鏡のような人で、ワードを使いこなしオーディション用の四類を作ってくれた後は、オレがまとめためちゃくちゃなエクセルデータを直して美術品をリストアップしやすくしてくれたりしてホント助かりました。

ともかくオレは早いところ体調を治さねばと、着替えもせずベットに倒れ込み翌朝さらなる悪化を導くのである。
| 03:05 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |
「病は気から」を信じるな
朝起きたら、「こいつはヤバイぜ」という体調。
やはり、昨日治ったと思ったのは気のせいだった。
「病は気から」と言う言葉を信じていい加減に生きてきたマイライフに現実が突き刺さる。

そんな目覚めの悪い朝であったが、本日は週末。
やまけん組の集会日。
体調不良で休むメンバーに対して「甘ったれんなよ」と暴言を吐いていたオレとしては休むわけにはいかない。
「口は災いの元」という言葉を身をもって知る。
これからは他人に優しく生きようと思う。

その後、清々しくカーテンを開けたらカーテンがカーテンレールから脱線するという、なんともコメントしにくい事件が起きつつ桜木町駅にてメンバーと合流。

本日は先週やった、「必要なものリスト」の続き。
「集中力する」という理由で、オレが普段仕事で使っている事務所で行うことにした。
haj、け〜作さん、景ちゃんそれぞれが机に向かってリストアップ。それをオレがエクセルで表にしていくという作業が黙々と続く。

体験見学の加納さんが来てくれたにもかかわらず、なんとも地味な作業。

「映画制作」と聞いたら、それこそ「カメラを担いで汗だくで…」がイメージ。まさかのデスクワークにさぞかし唖然としたことと思う。申し訳ない。

それでも、このリストが完成しないと具体的に動けないので仕方ない。

hajは、途中からリストアップの合間に美術のイラストをチョコチョコと描き始めいい感じの落書きがいっぱいできた。

hajイラスト:あのやろう・・・
▲脚本を読みながら出たアイディアをhajがイラスト化

やはり具体的に絵にするとイメージがわく。メンバーもひとしきりhajの絵で盛り上がった。

結局、オレが完全に具合悪くなったところで終了。
けいさくさんと夕方に駆けつけてくれたユウイチくんがお泊まりと言うことに。
具合が悪いにもかかわらず3人で「エイリアンvsプレデター」を見て盛り上がったところで就寝。
| 03:24 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
体調管理
8時起床。

実はこのところすこぶる体調が悪く、食べたものを戻したり、胸焼けしたり、咳が止まらなかったり、肩が痛かったり…
体調の悪さオンパレードなのである。

「キヲクドロボウに命をかける」と酔った勢いで言ったか言わないかは分からないが、やっぱり命は惜しいので病院に行くことにした。

みなとみらいに建てられた近未来的な「けいゆう病院」と言うところに行った。
待つこと2時間、なんとか中に等されて診断。

オレがあまりにも沢山の不調を訴えるため医者が困り果て…
「精密検査を受けなさい」との回答。
時間と金がバッサリと取られる予感…料金を聞くのすらためらった。
とりあえず、精密検査の件は保留にしておいて明日、胃カメラ検査をする運びとなる。

その後、妹が突然やってきて「旅行に行くから3万くれ」とカツアゲされる。

なんだかんだで気がつけば、景ちゃんと早稲田にオーディション告知チラシを早稲田大学に貼りに行く時間。

「やべぇ!印刷してねぇ!!」

そんなこんなで、チラシを慌てて印刷したら予定より1時間も遅れて景ちゃんと合流。スイマセン…
そこには、久々のゆえちゃんもいた。

とりあえず現状を報告しつつ、早稲田にバシバシとチラシを貼りまくった。
それはもう、貼りまくった。

貼りまくり!

近くのお店にも置きまくった。
それはもう置きまくった。

ぐったりやることも終えたので、和民で飯。
体調不良と言っておきながらビール2杯飲みました。
あげく、熱いんだか、熱くないんだかの口調で一人しゃべり続けたオレ。
若い女の子が相手だと顕著に張り切ります。

酒飲んでしゃべったら、体調がよくなった。
高い金払って精密検査を受けるほどの体なのか疑問である。

明日は、メンバー集合の集会日。けいさくさんが都合により8時くらいに来るそうなので早めに寝る。
| 00:41 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
盆と正月 2日目
7時起床。
昨晩、早めに寝れたのでいい時間にすんなり起きれた。
まっとうな人間になれた気がしてスガスガしい。
とりあえず一般会社員のフリをして駅まで行って立ち食いそばで朝食。
当然電車には乗らず帰宅。
相変わらず立ち食いそばの殺伐とした慌ただしさが好きだ。

PCに向かいオーディションにご応募のあった方々に返信メールをうつ。
その後、久しぶりにキャスト、美術、ロケーションのリスト化。

1時から渋谷で役者事務所の方と会う予定なので、その書類を簡単にまとめて電車へ向かう。途中、みなとみらいでモデルさんが写真撮影をしていたので、割り入ってモデルさんにオーディション公募のチラシを渡した。
モデルさんとカメラマン、スタッフの方々がとても興味を持ってくれ、あれこれ聞かれるハメに。簡単な説明をあと名刺を渡して駅に走るも、予定の電車を一本逃す…
どんなにがんばっても遅刻するようじゃアカン(^^;

10分ほど遅れて渋谷に到着。hajにも立ち会ってもらうと言うことでまずhajと合流。
…と、思ったらhajのとなりに何故かギャングスターフィルム3Dの高島さんが…
そう思った次の瞬間、後ろから羽交い締めにされ「何が望みだ!」と多積監督登場。

なにかのドッキリかと思いきや、偶然出会ったらしい。
制作中の映画を抱えた2つのチームが出会うとはこれまたなんとも運命を感じる。

3Dとばったりの図
▲haj、やまけん、3Dの多積監督(撮影:高島さん)
写真は3Dの日記からパクりました

何年か後にはハリウッドやカンヌでまたばったり出会うであろうw

高島さん、多積さんとお別れして役者事務所のマリィさんと会う。
とっても協力的な方で、役者以外の部分でも力を貸してくれるとのこと。
業界関係にも顔の広い方なのでhajと共に鼻息荒くなってまいりました。
昨日のアクション指導和希さんもそうなのだけれど、キヲクドロボウを「頼まれた仕事」ではなく「自分たちの映画」として取り組んでくれる姿勢には感謝の言葉も見つかりません。必ずや完成度の高い作品に仕上げ、期待に答えなければとふんどし締め直しです。

個人的には開口一番「脚本ホントに面白かったです」と言われたのが何よりも嬉しかったり(^^
映画に真剣で、本音で話してくれるタイプの方だったのでとくに。
また、パイロットフィルムを見なければ出会う機会もなかっただろうとのことで、あらためてパイロットフィルム制作は無駄じゃなかったんだなんと感動。
短期間での強行的な撮影と、hajの寝ずの編集が実をむすんできたなと。

まさに盆と正月2日目といった感じで、興奮冷めやらぬオレとhajはマリィさんと別れた後コーヒーを飲んで落ち着く。
hajは現在仕事が忙しく、なかなか映画に時間を回せないことを歯がゆく思っているらしい。オレも可能であればhajの手をより多く借りたいが、仕事と趣味の両立は映画制作を行うに当たって覚悟していた困難。なんとか乗り越えていただきたい。
それまでオレは精一杯がんばるまでである。

hajと別れ横浜に戻る。
メンバーの野口さんが付近まで仕事できているということで合流。
久しぶりに会ったので現状などを報告して、あれこれ協力をお願いする。
最後にはちゃっかり仕事の話までした(^^;
営業上手な野口さんであった。

帰宅後、キャスト、美術、ロケーションのリスト化。
キャスティングにあたり、キャスティング表が早めに必要なので急いでこなさなければならない事項である。

早起きしたせいか、11時くらいに睡魔に襲われ倒れるようにソファーで睡眠。
3時頃に目覚めメールチェックをして日記を書いて再び睡眠。

仕掛けた歯車が回り出した。そんな事を実感するここ数日である。
| 05:04 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |