ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< 2005年 06月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    uTwOzoPHpzln (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    vgrZPAdVCE (06/21)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    VvGLoOmRnovCkPBl (06/21)
  • 謝罪:雑誌「DIRECTOR'S MAGAZINE」に載りました
    クロムハーツ ネックレス (09/11)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
役者という職業
山岸(やまけん)・石田(haj)両ひきこもり監督が、1日完全に引きこもりオーディションビデオを見直しながら審査を行いました。
総勢130名という応募がありそれを全てビデオで確認していくのは大変な作業ではありますが、一瞬たりとも気をぬくことなく真剣に選ばさせていただきました。

審査中
▲プロジェクターでビデオチェックする両監督

結果、30名の方に最終オーディションに来ていただくことになりました。
しかしながら、役者として魅力があるのに当てはまる役柄がないから不採用と言うような本当に苦渋の決断の数々。
特に本作品は女性枠が非常に少なく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今回、残念ながら採用とならなかった方々もまた次の作品でお会いできたら嬉しいと思います。

初めてのオーディションを経て、役者という職業は本当に大変な職業であると痛感いたしました。オーディションという緊張空間の中で初対面の人たちを前に自分をさらけ出さなければいけない事の大変さ。試されるプレッシャーというものは計り知れません。
また、例え実力があったとしても作品の配役に当てはまらなければあっさりと不採用になってしまう残酷さ。

今回キヲクドロボウのオーディションに参加していただき出会えた全ての役者さん達に敬意を払い、感謝致します。
そしてキヲクドロボウを必ずや素敵な作品にして見せます。
オーディションを受けた全ての役者さんに先賢の目がありますように(^^
| 10:20 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
キヲクドロボウ一次オーディション〜二日目〜
「お前はすでに死んでいる」
その女性は微動だにせず、そう呟いた。

(どうしてこんなことになってしまったんだ・・・)
汗ばむ手をジーンズにこすりつけながら、そんなことを考えていた。

6/26。
都内は昨日から真夏日が続いていた。

どうもはじめまして。"文章を書かない脚本補佐"こと、K-'sです。
本日の制作日記は、私が担当します。

東武線五反野駅。
やまけん組初の公開オーディションは下町の風情あるこの地で行われた。

25日の第一日目には、70人近くの参加者があり、見事大成功をおさめたとメールにて連絡を受けていた。その余勢をかっての今日二日目である。
会場となるのは、五反野から歩いて10分弱のところにある個人の建物の三階を使わせていただいた。

オーディション会場へと続く

やや傾斜のある階段を上ったその上でオーディションは行われた。

オーディション会場入り口

日本特有の湿気のある熱気に建物は包まれていたが、皆、気だるさよりも高揚感が勝っているようだ。前日予め用意されたオーディション会場を簡単に整備し、その時を待つ。

準備とメシ

早速昨日の反省を生かし、スタッフの役割分担を振りなおす。

一次役割決め

さらに昨日はなかった、参加者に演じてもらう為のエチュード(演目)を簡単にまとめる。

エチュード演目

決して悪ふざけではなく、"そういうこと"を瞬時に出すことができる人材を監督二人は求めている・・・ハズだ。

そして15分前になり、スタッフがそれぞれの持ち場につく。
私も、役者志望のユウイチ君と二人で会場内の所定の位置に待機。

「おはようございます」
引き戸が開かれ、最初の参加者が姿を見せた。
会場に、少しずつ緊張感が広がっていく。
ふとジーンズに手をやると、なんとファスナーが全開になっていた。
どうもさっき用を足した際に、上げ忘れたらしい。
チャック全開で誘導など愚の骨頂だ。どこに誘導しようと言うのか。
慌ててファスナーを上げ、気を引き締める。

そんな私を尻目に、最初のグループの五人が集まった。
全員女性。年齢も、容姿もそれぞれ違う。会話も、笑顔も見えない。
暑さとは別に、手から出た汗をジーンズでぬぐう。

そうして、やまけんの挨拶と共にオーディションは始まった。
続きを読む>>
| 11:45 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
キヲクドロボウ一次オーディション〜一日目〜
本日は一次オーディション初日。
我々ProjectYamakenにとって初のオーディション。
メイキングカメラマンのユキノさんがとらえた映像と共につづって参ります。

やまけん遅刻
▲監督が遅刻という華々しいスタートを飾った初日…すいません・・・

入り口はコチラ
▲会場に到着。遅刻分を取り返すため大あわてで準備です。

小さいエアコン
▲この日は真夏日。小さいエアコンではちっとも会場が涼しくなりません。

大きいエアコン
▲大きなエアコンは何故か起動せず…暑いよ。

エイエイおー!
▲とりあえず開始前に円陣くんで気合いを入れましたが、なぜ監督の頭に手のひらを…

痛!
▲どさくさ紛れに監督を殴った奴がいます。監督をいたわろうよ。

スタッフ証
▲自分たちはキヲクドロボウのスタッフであると責任を持ってもらうためのスタッフ証。

カメラマン
▲カメラスタンバイのおびわんさん。

ストップウォッチ
▲ストップウォッチでしっかり時間管理。しっかりしてるなぁ〜みんな。

参加者
▲いよいよ参加者の方々がやって参りました。オーディション前にアンケートに答えていただきます。

オーディション用紙
▲ちなみにこのオーディション用紙の仕組みはギャングスターフィルム3Dの高島さんに教えてもらいました。ありがとうございました。

企画書
▲参加者の方々には事前に企画書を読んでもらい本作品を理解していただきました。

監督2人組
▲いよいよオーディション開始。普段はダメな感じの監督2人もさすがに真剣です。

買い出し
▲暑い中、鈴木さんが飲み物を買ってきてくれました。鈴木さんを始め炎天下の元、外で働いてくれたメンバーほんとご苦労様でした。

テープ
▲この日は総勢60名の方をオーディションしました。テープもじゃんじゃん消費。

反省会
▲無事終了。今回このオーディション全体をまとめ上げてくれた景ちゃんを中心に反省会。2日目に備えました。

みんなご苦労様!!
| 04:39 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
オーディション準備
土曜日はエロボリタンの撮影再びと言うことで、hajの日記を見るとおりオレ不在でした。
さて、本日はと言うと来週に控えたオーディションの準備である。

女性班
▲オーディションについては大まかにはぷーちゃんが以前まとめてくれたのだが、当日を想定して具体的にしていかなければならい。
幸い本日は参加者も多く景ちゃんを中心とした女性班にそちらは任せた。

加納さんと見学の方
▲一方、スタッフ希望者が2名見学に来ていたのでその方々には加納さんが小道具のカードリーダを作りながらいろいろ説明してくれた。
思えば、加納さんだってついこの間メンバーになったばかりなのに…もうしわけない。

haj&ゆえ&けいさっく
▲美術系の打ち合わせをするhajとゆえちゃん。微妙に入り込んだ小道具制作中のけ〜作さん。

残念ながら写真に写ることの出来なかったオレは、前半、メンバーに指示を出し監督らしく振る舞っていたのだが、後半プリンターがぶっ壊れ、け〜作さんと「プリンター修理隊」通称「プリン隊」を結成しプリンター修理にいそしんだ。

日を追う毎に効率のよいチームワークが生まれつつあるやまけん組である。
いよいよ来週はオーディション。上手くいきますように!
| 04:15 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |