ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< 2005年 07月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
3Dのお手伝い
今日も今日とて、やまけん組は突き進む。

と思いきや、今日は自主映画制作団体3Dの「秘メ煙」の撮影に、エキストラとして参加したのです!

さがみがわ
@相模川河川敷

内容は、「フジロック的野外フェスティバル 雨・外・昼」のエキストラ…つまり観客です。
問題は、設定・雨。
なんと、相模川の水をくみ上げ、直接ぶちまけられました。

暑い中冷たくて気持ちいい〜

と思っていられるのもはじめのうち。
きれいなのかきたないのかよく分からない相模川のお水くんたちは、
あっという間に全身をびしょぬれにし、
目に入ると異様に痛く……
肌は日が暮れるにつれ、どんどん寒くなっていく。

ので、
石ぶろ
日光で熱く焼けた石で服を乾かす監督。

いやん
……かわかす監督。

落ちてる
何人かは、道端に落ちて甲羅干し。

しかし、この後結局また濡れるんですけどね。

そんなこんなで、朝八時半に集合して、日没前に撮影は無事終了しましたへっくしゅん。
皆、心は完璧にフジロック。
雨というよりはスコールだろう!という程の雨にも負けず、
オイパンクにロッケンロールに、叫んできました。

肝心の撮影時の写真は残念ながらござませんTTカメラが濡れてしまうので…


焼けたぜ
撮影後は、皆、こんなに焼けちゃいました。

こうして、帰る道々……


突然ダッシュする監督とけー作氏!!
ダッシュ
なんと、道端にエロ本発見との情報が!!!!
監督、勢いあまって画面から切れています。


エロ
じっくり鑑賞を……


と思ったら、ただのホットペッパーだったわけなんですが。

そんなこんなで、今日もやまけん組の一日は暮れていきます。
kaeru
| 22:31 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
活動報告20050730
20050730(1)
▲やまけん組に提供したヘッドホン。"高そう"と言われたが、秋葉原の名もない電気屋で1500円程度(4〜5年前)でした。

・・・という話題から開始します本日の活動報告。
本日の風景はこんな感じ。

20050730(2)
▲ヨコダさんはロケ地チェック・・・って、Yahoo!なのがモロバレ。

20050730(10)
▲こんな小物も、大事な映像のパーツ。使い道はまだ秘密で。

20050730(3)
▲趣味と実益を兼ねた?アイテムも事務所にあったりします。

20050730(4)
▲製作班渾身の一作。ほぼイメージ画通りのデキに。

20050730(8)
▲美術班・ゆえちゃんは衣装の一着一着を細かくチェック。

さて、本日は活動中の食事について書いてみます。
腹時計が教えてくれる食事時になると、だれからともなく買出しの準備が始まります。

20050730(5)
▲本日はけい作さんが当番?各人の欲しい物をメモ中。

が、ここで助監督の景ちゃんが「お茶をお願いします・・・」と小さく返事。
「食事は?」

「作ってきました・・・」

え?
続きを読む>>
| 17:00 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
東京ロケーションボックス
どうも。また監督の山岸です。
本日は、同じく監督のhajと東京ロケーションボックスにおじゃましました。

東京ロケーションボックスとは、東京都のロケーション活動を支援してくれる都が行っている総合窓口のことです。
ロケーションに関しては正直、右も左も分からない我々はまずここへ相談に行ってみたわけです。

窓口のある都庁へ向かったわけですが、暑いのなんのって…
体調を崩しながらもやってきたhaj監督に容赦のない攻撃です。

都庁
▲高いは、暑いは・・・

初めての都庁にお上りさん状態でとまどいながらも、窓口に到着。

東京ロケーションボックス
▲都民情報ルーム内の一角にありました

電話でアポイントメントをとっていたので、そのまま担当者の方に企画書などを見せて早々に話に入っていく。
正直、「自主制作映画」と聞いて突っぱねられる事も少なくない我々ですが、担当の方は丁寧に相談に乗ってくださいました。

こちらの資料のロケ地一覧を見ながら1つ1つに対して対応方法を教えていただき、我々としてもいろいろなものが具体化してきました。
おかげで良い一歩が踏み出せたように思います。

その後、せっかく来たのだからと展望台へ。

展望台より
▲迫力満点。デートコースに是非。

展望台より2
▲これだけの景色がタダで拝めるなんて素敵です。

その後、そばを食って渋谷でロケーション。

渋谷ロケハン
▲撮影ポジションなどをカメラ片手に探ってゆく

そして、夜は更けゆき終電を逃したオレ・・・

夜の渋谷
| 16:54 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
ロケーションとお稽古とビール
ども。監督の山岸です。
暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

夏の良くある会話の一文。
「いかがお過ごしか?」という問いに対して馬鹿正直に己のサーマライフスタイルをつらつらと語られてもよけい暑さが募るだけなので、愚問だと思う。


本日は、各フィルムコミッションに資料を送ったり、電話でアポイントメントを取ったりしました。

資料送付
▲企画書、脚本、パイロットDVD、ロケ地候補一覧などなど

その後、三軒茶屋方面でお稽古。

待ち合わせ中、ヤブ蚊に襲われたりしながら読み合わせを行いました。
今回も主演の正木さん(タロウ役)、木村さん(スラッシュ役)に来ていただき、シーン毎に演技の方向を性を決めて行きました。
二人の性格の違いを分かりやすくすることで、何気ない会話にも面白みが出てきたと思います。

お二人の演技の完成度の高さは、我々制作の人間に自信を与えてくれます。是非とも他のスタッフにも読み合わせ等参加してもらいたいなと思いました。

その後、森川さんが合流。
初めての稽古と言うことで、正木さん、木村さんには先に返っていただき監督二人相手に一対二でじっくりキャラクターを作り込んでいきました。

監督vs森川さん
▲しかしオレ小さいな・・・

森川さんの役どころは、非常に台詞が少ない。
だからこそその一言一言が重要。
そのため一単語ずつイントネーションに気を使いながら調整していきました。

正木さん、木村さんのお二人に比べて演技のキャリアが少ない森川さんでしたがしっかりとレッスンをされているため、こちらの注文にも素早く対応。若くても、そこはさすがです。

それにしても稽古後のビールは美味い。
このためだけにも映画は続けていきたいと思いました。

のどを痛めているhaj監督を尻目にグビグビと…
| 15:57 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |