ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< 2007年 03月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
Youtubeデビュー
子供は一人作ったら、二人も三人も同じだと聞きます。
それが事実なら少子化ってなに?みたいな話になりますが
まぁ、そんな流れでmixi動画に引き続きYoutubeにもアップ。

youtubeにアップ
http://www.youtube.com/watch?v=DTiKP5V76Hc

なんとなく新鮮な気分。
インターネットって楽しいね。
| 00:26 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
仕事が忙しくなるとmixiが気になる件
すいません。また仕事が忙しいとのたまわりにやってきました。
大人達みたいな単調な生活なんてまっぴらごめんだ!と盗んだバイクにまたがりながら叫びつつも「ブログ更新」という習慣をなかなか捨てられない不思議。
どんなにブログで個性的と思われる意見をひねり出してもすでにブログという社会現象に飲み込まれちゃってる哀れさ。

本日も悲壮感たっぷりですいません。

さて、そんな訳で、仕事が忙しいとブログを更新したくなったり、mixiで人の日記をのぞいたり。

そしたらば、いつのまにかmixiが動画サービスを始めたと言うことに感づく始末。
新しいものと、ナースと家庭教師が好きなオレはさっそくキヲクドロボウの予告編をアップ。

mixi動画

今までさんざんっぱらサイトで公開していたのだが、そもそもアクセスが300程度のホームページ。身内が見ている程度。
それがmixi動画となるとちょっと緊張。興奮。トキメキ。

インターネットって楽しいね。
| 03:09 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
ブログで仕事が忙しいを伝える愚行
「仕事が忙しい」という他人にとってなんの利益のない情報を垂れ流すブログはどうか。
それに対して「がんばって」というコメントをわざわざ書く愚行。

挙げ句の果てには「忙しいからブログが書けません」の言い訳。
別にお前のブログが数週間滞ったところで、こっちとしてはまったく気にならないので勝手に仕事してろと思う。




すいません。仕事が忙しいのでブログ書いてられません。
| 07:32 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
それがルールなら 「読み逃げ批判」
Yahoo!ニュースやらを逐一ネタにしてブログを書くほどヒマではないので気乗りはしないのだが、ブログ更新の強迫概念に圧され書いてみる。

どうやらブログやmixiで一部「読み逃げ批判」という文化が育っているらしい。ようするに、mixiで日記をのぞいて足跡を残したにもかかわらずノーコメントで立ち去ることがマナー違反だと。

あきらかに発想が自己中心的真っ盛りの中学生レベルで、これを大の大人が行っていたとしたら少年の心をいつまでも忘れない素晴らしいクルクルパーであると賞賛に値する。

実は、この「読み逃げ批判」に近い物を自身食らったことがある。

mixiの日記で何らかの言葉を検索していたときにたまたま覗いた日記がいわゆるバトン日記というやつで、「この日記を見たら必ず同じ内容のバトン日記を書いてください」という類。
まぁ、探している物ではなかったのでスルーしたところ翌日メッセージが送られてきており

「足跡を観ればあなたが来たのは分かります。ちゃんとバトン回してください」

という内容であった。
すぐさま「ごめんね。おじちゃん忙しいの」的なクソ丁寧な内容のお断り割りメッセージを送ったわけだがその数分後、「ネットのルールです」というような内容のメッセージが上・中・下巻の三部構成で送られてきた。

その執念に圧倒されとりあえずメッセージにてバトンに答えてやった。
そして、その文末にこう添えた。

「このメッセージを読んだ方は必ず、世界が平和になるその日まで世界中に愛と平和を叫び続けてください」

彼女は今もルールを守り続けているだろうか。
いつか来る世界平和を心待ちに。
| 13:49 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |