ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< 2008年 10月 >>
最近のコメント
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    MYmbmIqCMXOykckBGIL (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    YVApsxcXlA (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    badwHQnW (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    JSNurMaUG (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    sysakgSvwlV (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    rofkdpux (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    uTwOzoPHpzln (06/22)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    vgrZPAdVCE (06/21)
  • 劇場用映画『プロジェクトアリスイン(仮称)』兵士役募集のお知らせ
    VvGLoOmRnovCkPBl (06/21)
  • 謝罪:雑誌「DIRECTOR'S MAGAZINE」に載りました
    クロムハーツ ネックレス (09/11)
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
京都映画祭レポート
先日、10月8日〜13日まで行われていた京都映画祭に行ってまいりました。我々はまずキヲクドロボウの上映が行われた10月10日(金)に京都へ向かいしました。のぞみで。

のぞみ

今回は遂に日本のシネコンで上映されると言うことでドキドキワクワクです。フィルムバージョンでのキヲクドロボウも日本初公開だったわけでテンションはあの日のガソリン価格のごとく急上昇です。

そして、NaviTimeの指示に従いながらアーケードの中程にど〜んと構える映画館。

MOVIX京都

もう、それは立派なシネコンでして、この中でキヲクドロボウが上映されるんだと思っただけで、泣けそうでした。でも、男の子だから我慢しました。

さっそく1つ前のプログラム「キネマの大地」を鑑賞した後、控室で主演の3人、正木さん、木村さん、森川さんと打ち合わせをしていざ舞台挨拶へ向かいます。

舞台に立つと、平日にもかかわらずお客さん達が観に来てくれていて、ホっとしました。本当にありがとうございます。

舞台挨拶

さすがに我々もキヲクドロボウの舞台挨拶は数えられないほどこなしており、全員なかなか落ち着いたモノでした。初公開の日の舞台挨拶のテンパリっぷりが懐かしいです。私も成長したモノです。

舞台挨拶後は、そのままキヲクドロボウを鑑賞しました。日本でのフィルムデビューとうことで、なんとも感慨深いモノがありました。

映画館

上映後は様々な人に「楽しかった」と声をかけて頂いて、久しぶりに監督気分を味わえました。なんせ上海の時は英語ペラペラの石田に全部持って行かれましたから。

そんな嬉しい時間もつかの間。

超多忙な私は超個人的な理由(F1観戦)の為、すぐに静岡へと向かわなければならなかった。

F1

F1

ウィークエンドを富士スピードウェイで過ごした私は、すぐさま京都へ引き返し、10月13日の夜、京都映画祭クロージングパーティーに石田と共に出席。

祇園会館

クロージングパーティーでは、津川雅彦さんや林海象監督をはじめとする「映画の凄い人」が多数いらっしゃり、改めて凄いところに呼ばれしまったなと、自分のチャラチャラした格好を反省。

しかも、何を間違えたのか「禁煙席でよいですか?」と聞かれたので「ハイ」と答えたら、いきなり会場を見渡せるVIPルームに通されてしまい、焦りまくる。

思わぬ場違いッぷりに慌てふためいていると、「本日はキヲクドロボウ監督のお二方もいらっしゃってくれています」と紹介されてしまい、VIPルームから手を振るその姿はまさしく大相撲をご観覧中の天皇陛下。追い打ちをかけるように「2008京都きものの女王」の美女二人が我々の隣に着席。端から見れば着物美女をはべらしたヤングヒルズ族。いったいどこの大物だよと言う完璧なデコレーションぷり。
額とワキから滝のように汗が流れでて、帰りたい気持ちでおぼれ死にそうになりました。

映画界の大御所を前に、インチキ映画監督二人がエンペラー気取りとなってしまい大変申し訳ございませんでした。ここに深くお詫び申し上げます。

他に席もなく、しかたなくVIP席にとどまっていると会場はくじ引き大会。入り口で受け取った番号札を呼ばれると景品がもらえるというもの。

これ以上、間違った方向で目立ちたくない我々は「当たるな、当たるな」と願をかけながら淡々とビールを口へ運ぶ。
我々の番号は呼ばれることなく、抽選会は進行し、最後の景品の抽選が始まった。
司会者の話によると、最後の景品は今回の用意されたモノの中でもっとも高額だという。抽選者は念入りに抽選箱の中をかき混ぜゆっくりと札を取り出した。ざわついた会場もこのときばかりは一瞬静まる。

会場が注目する中、長年このブログをご愛読の方には案の定のミラクル降臨。

我らがミラクルボーイ石田肇の番号が声高らかにアナウンスされました。本当にありがとうございます。

しかも、先日、iPhoneを購入したばかりの石田が当てた景品はiPod touchというプチミラクル。

結局、iPod touchは石田から、私の手に渡り、ラッキーボーイ山岸の誕生。帰りの深夜バスではすっかりハイテンションと相成りました。

ほどよいオチも出来たところで、お開きとさせて頂きます。

というわけで、今週末からは愛媛県松山での上映です。どうぞよしなに。
■愛媛県松山「キヲクドロボウ」上映
10月18日〜21日 13:50より
10月22日〜24日 20:50より
会場:シネマルナティック湊町
愛媛県松山市湊町3-1-9マツゲキビル2階
http://www.minipara.com/shikoku-mini/theater/luna2/index.shtml
10/18〜19は上映前に舞台挨拶アリ
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇

■ラジオ出演情報■
愛媛県内でありますが舞台挨拶メンバーがラジオ番組に生放送出演します。
南海放送(愛媛県内:1116KHz)
■10月17日(金) AM9:35くらいから
「真さんのいよ!AM−igo」番組内
■10月18日(土) PM4:00くらいから
「えいこのグリップc@fe」番組内
| 01:08 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |
京都映画祭&愛媛松山上映
さて、明日から京都映画祭が始まりますよ奥さん。

この映画祭では以前お伝えしたとおり我らが「キヲクドロボウ」が上映されるのです。金曜日の午後5時からという、お仕事をお持ちの皆様にはかなり無茶な時間帯ではありますが、有給とってでも来て頂きたい。

なぜなら、お客さんが入っていない舞台挨拶ほど切ないモノはないからです(経験済み)。

関西の方、どうかご協力下さい。

■京都映画祭「キヲクドロボウ」上映
10月10日(金)17:05〜
会場:MOVIX京都
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇
http://www.kyoto-filmfes.jp/


と、そんなご報告をしたのもつかの間。
なんとその翌週には、愛媛県松山市での上映が決定しました!

この連続上映っぷりには驚くばかりです。
埼玉、東京、長野、宮城、北海道、上海、京都ときて、愛媛です。
ついに四国上陸です。

この上映はキヲクドロボウに出演頂いている森川椋可さんのご縁からの上映となったもので、いやはや地元の力はありがたいです。

■愛媛県松山「キヲクドロボウ」上映
10月18日〜21日13:50〜
10月22日〜24日20:50〜
会場:シネマルナティック湊町
愛媛県松山市湊町3-1-9マツゲキビル2階
http://www.minipara.com/shikoku-mini/theater/luna2/index.shtml
10/18〜19は上映前に舞台挨拶アリ
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇


どうか、こちらの上映の方も愛媛でみかん狩りついでに観てやってください。ちなみにこちらも35mmフィルム上映です。

こうなると、あれですな。関東でフィルム上映してみたくなってきますな。
| 19:23 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
ProjectYamaken8周年記念パーティー
ずっぽりほったらかしですいません。

まぁ、勝手に書いてるブログなんで、謝るなんて自意識過剰もはなはだしいわけですが。

というわけで、実は少し前に我々ProjectYamakenはなんと8周年を迎えてしまったのです。ほんと、どーもありがとうございます。
うちのメンバー達もまぁこりもせずイケシャーシャーとチームでがんばってくれています。本当にありがとうございます(土下座)。

そんなわけで8周年記念パーティーが9月23日(祝)に行われました。

9月23日は、8年前ProjectYamakenの最初のミーティング後行われた記念すべき日であり、またProjectYamakenが逃想少年とJetSpeedZEROでスクリーンデビューした日であり、キヲクドロボウもこの日付近でクランクインしたわけで、何かと運命的なことを感じ、勝手に「ProjectYamakenの日」としております。

8周年記念パーティーといっても、何も考えず集まってただ飲むぞってなパーティーでなので、これ以上さしあたって書くことはありません。ご静聴ありがとうございました。

あの場で交わされていた下ネタの数々をここでさらすとグンと参加希望者が居なくなりそうなので控えつつ雰囲気だけをグッタリお伝えします。

一次会
一次会は我らが助監督の景ちゃんが素敵でおしゃれな会場をバッチリ押さえてくれました。さすがです。
「言われなくてもやってくれる」こういう人がいるから、ぐーたらな私でもリーダーがつとまるわけです。

ここでは、大きなモニターがありましたのでキヲクドロボウのメイキングとかを流してガハハと笑っておりました。
写真的には、イマイチなにをやっているのか分かりにくいですが、みんな酔っぱらっていたのでこんな写真ばかりです。

こんなのとか…

たけさん

一次会は、なんと30名以上の新旧メンバーが集まってくれて盛大でした。多少人数が減ったもののそのままの雰囲気で二次会へ…

胴上げ
hajが途中で帰ると言うことで、胴上げをしているのですがまったく何が映っているのか分かりません。雰囲気だけをお楽しみ下さい。

二次会
二次会会場です。この後ろ側にはもっと沢山人がいるのですが、まぁこういう雰囲気です。
ワタクシこのあたりからすでに記憶が曖昧です。あやふや。

結局、このあと三次会で正木さんとかと合流してまったりエロトークとかしていたと思うのですが、内容の詳細がまったく記憶にない上に写真もございません。

いやはや久しぶりにハメを外した一日でした。
翌日再起不能な私がお送りしました。
| 17:37 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |