ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< 2017年 05月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
京都映画祭&愛媛松山上映
さて、明日から京都映画祭が始まりますよ奥さん。

この映画祭では以前お伝えしたとおり我らが「キヲクドロボウ」が上映されるのです。金曜日の午後5時からという、お仕事をお持ちの皆様にはかなり無茶な時間帯ではありますが、有給とってでも来て頂きたい。

なぜなら、お客さんが入っていない舞台挨拶ほど切ないモノはないからです(経験済み)。

関西の方、どうかご協力下さい。

■京都映画祭「キヲクドロボウ」上映
10月10日(金)17:05〜
会場:MOVIX京都
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇
http://www.kyoto-filmfes.jp/


と、そんなご報告をしたのもつかの間。
なんとその翌週には、愛媛県松山市での上映が決定しました!

この連続上映っぷりには驚くばかりです。
埼玉、東京、長野、宮城、北海道、上海、京都ときて、愛媛です。
ついに四国上陸です。

この上映はキヲクドロボウに出演頂いている森川椋可さんのご縁からの上映となったもので、いやはや地元の力はありがたいです。

■愛媛県松山「キヲクドロボウ」上映
10月18日〜21日13:50〜
10月22日〜24日20:50〜
会場:シネマルナティック湊町
愛媛県松山市湊町3-1-9マツゲキビル2階
http://www.minipara.com/shikoku-mini/theater/luna2/index.shtml
10/18〜19は上映前に舞台挨拶アリ
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇


どうか、こちらの上映の方も愛媛でみかん狩りついでに観てやってください。ちなみにこちらも35mmフィルム上映です。

こうなると、あれですな。関東でフィルム上映してみたくなってきますな。
| 19:23 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
ProjectYamaken8周年記念パーティー
ずっぽりほったらかしですいません。

まぁ、勝手に書いてるブログなんで、謝るなんて自意識過剰もはなはだしいわけですが。

というわけで、実は少し前に我々ProjectYamakenはなんと8周年を迎えてしまったのです。ほんと、どーもありがとうございます。
うちのメンバー達もまぁこりもせずイケシャーシャーとチームでがんばってくれています。本当にありがとうございます(土下座)。

そんなわけで8周年記念パーティーが9月23日(祝)に行われました。

9月23日は、8年前ProjectYamakenの最初のミーティング後行われた記念すべき日であり、またProjectYamakenが逃想少年とJetSpeedZEROでスクリーンデビューした日であり、キヲクドロボウもこの日付近でクランクインしたわけで、何かと運命的なことを感じ、勝手に「ProjectYamakenの日」としております。

8周年記念パーティーといっても、何も考えず集まってただ飲むぞってなパーティーでなので、これ以上さしあたって書くことはありません。ご静聴ありがとうございました。

あの場で交わされていた下ネタの数々をここでさらすとグンと参加希望者が居なくなりそうなので控えつつ雰囲気だけをグッタリお伝えします。

一次会
一次会は我らが助監督の景ちゃんが素敵でおしゃれな会場をバッチリ押さえてくれました。さすがです。
「言われなくてもやってくれる」こういう人がいるから、ぐーたらな私でもリーダーがつとまるわけです。

ここでは、大きなモニターがありましたのでキヲクドロボウのメイキングとかを流してガハハと笑っておりました。
写真的には、イマイチなにをやっているのか分かりにくいですが、みんな酔っぱらっていたのでこんな写真ばかりです。

こんなのとか…

たけさん

一次会は、なんと30名以上の新旧メンバーが集まってくれて盛大でした。多少人数が減ったもののそのままの雰囲気で二次会へ…

胴上げ
hajが途中で帰ると言うことで、胴上げをしているのですがまったく何が映っているのか分かりません。雰囲気だけをお楽しみ下さい。

二次会
二次会会場です。この後ろ側にはもっと沢山人がいるのですが、まぁこういう雰囲気です。
ワタクシこのあたりからすでに記憶が曖昧です。あやふや。

結局、このあと三次会で正木さんとかと合流してまったりエロトークとかしていたと思うのですが、内容の詳細がまったく記憶にない上に写真もございません。

いやはや久しぶりにハメを外した一日でした。
翌日再起不能な私がお送りしました。
| 17:37 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |
やまけん組の近況
どうもみなさま。久しぶりにブログを更新したもののその後が続かないオレです。

自分の日常考えていることなどをブログとして綴れば良いというのは薄々気づいているのですが、日々考えていることがあまりに卑猥かつ反社会的なため、なかなかダイレクトに文章に反映させることが出来ず、キーボードを叩いてはウインドウを閉じるを繰り返す毎日です。

あらぬ事をブログに書いただけで逮捕の世の中ですから、本心など明かす気にもなりません。存在そのものが共謀罪のオレです。

さて、最近はめっきりProjectYamakenの活動も沈静化してきてこのまま自然消滅の危機すら叫ばれ、そろそろグリンピースが保護に来るとか来ないとか。

じゃぁなんもやっていないかといえばそうでもなく、捕鯨船のごとく細々と活動しています。

最近では、他自主制作映画団体のお手伝いなんかしてました。
私も監督としてではなく、助監督や照明といった普段やることのないパートを手伝わせてもらって実にお勉強になりました。

雨が降ってきた
カチンコもってうろついてるのが助監督をやっているオレです。他にハナさんが記録、隼君がカメラマン、けいさくさんが特機と活躍中です。新しくメンバーに加わった櫻井さんもお手伝いできてくれました。

ドリー撮影
右側で照明を持っているオレです。奧に特機のけいさくさんとカメラの隼君が見えます。このシーンは学校校舎を貸し切っての撮影でした。基本的に機材はカメラ以外、すべてやまけん組のモノをお貸ししました。

他にも、京都映画祭をはじめとしたキヲクドロボウの上映についていろいろと事務的なことをやっております。
たぶんもうじき、また新しい上映のお知らせが出来るんじゃないかと思います。早ければ明日とか。

また、新作の撮影も11月辺りにはじめられたらなと思っています。これは前回パイロットを作ったストークネストではなく別作品のショートムービーとなる予定です。

ストークネストはかなり規模の大きな話になりそうなので、もうしばらくお待ちください。
| 19:20 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |
キヲクドロボウ京都映画祭上映決定
ほぼ7月と8月を丸々お休み致しました当ブログ。
「ついに死んだか」との噂もチラホラの私は生きてます。

このところ、全くと言って良いほど、やまけん組としての活動がなく、個人的にあっちこっちと仕事してました。そんな個人的なことをいちいちブログに書かなくなったシークレット山岸がお送りします。

そんなところでビッグウェイブ到来です。メールマガジンmixiではすでにお知らせしてしまっていたのですが、10月に京都映画祭でキヲクドロボウが上映されることとなりました。

埼玉県川口市での関係者試写会から始まり、東京都下北沢、長野県上田市、宮城県仙台市、北海道夕張市、そして中国上海市。
日本国内ではほとんど東日本側での上映だったキヲクドロボウも遂に西日本上陸です。

関西の方お待たせ致しました。
スラッシュ役の木村有さんをはじめオンナ役の森川椋可さん、カズマ役の三浦知之さんなどなど、実は出演者に関西出身の方が多いので嬉しい話です。

そんな京都映画祭のポスターがこちら。

京都映画祭ポスター

ポスター右下をよくご覧頂きたい!!

キヲク-ポスター

なんと、上映されるならまだしもポスターに載ってしまった勢いです。飛ぶ鳥を落とす勢いです。日本野鳥の会の方すいません。

せっかくだからパンフレットも。

京都映画祭パンフレット

キヲクドロボウにズームイン。

キヲク-パンフレット

さらにはシネルフレという映画情報サイトでも紹介されました。あまりにすてきに紹介されているので顔がにやけます。

シネルフレ-キヲクドロボウ記事

さて、そういった自慢を一通りしたところで、しっかりと告知させて頂きます。

■第6回京都映画祭
10月8日(水):オープニング・セレモニー/映画上映
9日(木)〜12日(日):映画上映/ゲストトーク/シンポジウム
13日(月・祝):クロージング・セレモニー/映画上映/表彰式(京都映画功労賞・奨励賞・牧野省三賞)
クロージング・パーティー
http://www.kyoto-filmfes.jp/

■キヲクドロボウ上映
10月10日(金)17:05〜
会場:MOVIX京都
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇

京都映画祭での上映は上海で公開されたモノと同様の英語字幕付き35mmフィルムです。フィルムでキヲクドロボウを観ていただけるチャンスですので、お近くの方はどうぞ足を運んで頂きたい。
| 17:01 | コメントを書く (2) | トラックバック (0) |