ProjectYamaken〜やまけん組〜は、自主制作映画(インディーズムービー)を制作している団体です。 自主制作映画:ProjectYamaken〜やまけん組〜 スタッフルームへ
制作日記Blog
やまけん組メンバーによる映画制作日記です。
SF映画 キヲクドロボウ
Twitter ブログパーツ

QRコード対応ケータイ電話で読み取れます
QRcode

キヲクドロボウ予告-トリウッド版
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< 2017年 05月 >>
最近のコメント
作品紹介
銀行強盗に立てこもられ絶体絶命のフリーター・タカシ。ところが突然、銀行強盗のリーダー・シュウヤに「仲間にならないか?」と誘われる。タカシは刺激のない今までどおりの日々を選ぶのか?スリルある逃亡者を選ぶのか?
ProjectYamakenの2001年から2004年にかけて制作した短編3作品を収録。津田寛治さんとも共演。
週刊『耳を塞ぎたくなるほど・・・』スタート!!!
今週から始まりました自虐的制作日誌!

週刊『耳を塞ぎたくなるほど・・・』

このブログはProject Yamakenの天然パーマネント王子こと制作担当のよっし→がお送りします。

よっしー

毎週金曜日、私の気力が持つ限り更新していきますのでどうぞ最後までお付き合い下さい。

このブログによってより多くの方にProject Yamakenを知ってもらい、最新作の「イヤータグ」を盛り上げることが目的となっております!

ところでProject Yamaken最新作映画『イヤータグ』って何ですの?
そんなお嬢ちゃんの為に目を充血させながらまとめました↓

◇最新作『イヤータグ』とは?

・前作「キヲクドロボウ」を経て、よりレベルの高いエンターテイメントを求め、2008年10月に企画立ち上げ。

・2008年11月にプリプロ(準備期間)、2009年1月〜4月撮影、4月〜8月ポスプロ(編集作業など)。
今年の秋に公開予定!

・一人の刑事が繰り返される猟奇殺人事件に巻き込まれ、様々な葛藤と命の危険を感じながら犯人を追い詰めていくサスペンス映画。

・舞台設定は現代の横浜。季節は寒くなり始めた秋。

・自主制作映画では珍しいBrevis35を使用して撮影。
カメラはパナソニックのAG-HVX200。

※Brevis35
ビデオカメラに一眼レフカメラレンズを取り付けられるレンズアダプター。
これまでのビデオ撮影では表現できなかった奥行きのある映像が可能。

Brevis35

ちなみに「イヤータグ」の名前の由来は作中に関わることなのでGoogleとかで検索してみてみて!

◇主な出演者

見城陽介(32)-ケンジョウヨウスケ役

正木蒼ニ-マサキソウジ
正木さん

公式サイト
http://www.souji-masaki.com


高杉末治(36)-タカスギスエハル役

高橋将仁-タカハシマサヒト
高橋さん

公式ブログ
http://masahito-t.jugem.jp


木村彩美(29)-キムラアヤミ役

藤村知可-フジムラチカ
藤村さん

事務所HP
http://www.fmg.jp


大槻信(56)-オオツキマコト役

深水三章-シンスイサンショウ
深水さん


◇企画・脚本・監督

山岸謙太郎-ヤマギシケンタロウ
山岸監督


@今だから話せる裏話

企画当初、撮影場所は横浜で尺は30分でした。

実際の撮影場所は横浜を始め、東京・埼玉・茨城・山梨・長野で撮影。
尺は現在のところ1時間前後になりそうです。

ということで、今回は最新作映画「イヤータグ」を簡単にご紹介いたしましたが、

次回から時間をさかのぼって1月12日の顔合わせからお伝えします。



☆次回予告

『あなた達は×××ですか?いいえ、Proect Yamakenです』
はじめまして

乞うご期待!
| 15:33 | コメントを書く () | トラックバック (0) |
新作撮影の裏側。
2009年2月21日(土)

いやはや、お久しぶりでございます。
最近とってもご多忙な山岸監督に代わりまして、
ここは私がProjectYamakenの近況報告を行いますぞぉ。

…そうそう、自己紹介がまだでした。
私、やまけん組のお荷物的存在、
ぼけメガネことユキノと申します。

ユキノです。

あ、ダメなメガネの方と言えば私の事です。
どうぞよろしく。




さて、去年の年末から新たに動きだした新作のお話。
イヤータグ(仮)」の件でございますよ。

盛大にHPでキャスト募集するだけしておいて、
その後4ヶ月近くも音沙汰ないとはいかに!なぜに!
いやぁそれがですねぇ…


別に遊んでた訳じゃないですよぉ?
遊んでみる。

酒に溺れてた訳じゃないですよぉ?
のんだくれる。


いやいや冗談さておき、それこそ毎日のように
この新作撮影に向けた準備に没頭しておりました。


本当ですよ?
おしごとおしごと。





小道具にナイフとか用意しちゃってみたり。
ナイフとやまけん


うぉー
ナイフとやまけん2


らぁぁー
ナイフとやまけん3




…で。
…でで!




まさに!
今まさにぃ!!
撮影真っただ中でございますよぉ。
撮影真っただ中


どうでしょぅ。
この自主映画らしくない撮影風景。
どうです?様になってるでしょう?
我々、やれば出来るんです。


撮影風景



寒さにもマケズ。
寒さにもマケズ。





お、主演の正木蒼二さんですねぇ。
正木蒼二さん


エロイですねぇ。
正木さんとラーメン


いや、実にエロイ。
正木さんとバイク。


特にこの、エンジンの辺りが…。
トライアンフ。


正木さんの愛車、トライアンフでしたねぇ。
正木さんの愛車。



こうやって撮影は行われているんですねぇ。
いやぁ、締め方が分かりませんよぉ。
じゃじゃじゃ、次回の更新もお楽しみに!







おっ、ここにもエロイお方が…。
巨匠。
| 20:27 | コメントを書く (0) | トラックバック (0) |
新作出演者募集のお知らせ
いよいよ、ようやくProjectYamaken待望の新作です。
自分で待望とか言ってたら世話ないです。
今回は実にダークなお話です。
ProjectYamakenの新たな一面をお届けできればと思います。

以下、我が優秀なスタッフ景ちゃんからのお知らせ

------------

自主制作映画「イヤータグ(仮)」出演者募集のお知らせ

自主制作映画団体ProjectYamakenでは、2月〜3月にかけて撮影するサスペンス映画「イヤータグ(仮)」の出演者を募集しております。

□Project Yamaken略歴
2000年成立。代表・山岸謙太郎。
2006年制作のSFアクション「キヲクドロボウ」で上海国際映画祭インターナショナルパノラマ部門に入選。京都映画祭、ゆうばり国際学生映画祭等で特別上映。他、各映画祭にて受賞・招待を受け、現在DVD発売待機中。
また、「逃想少年」「Project Yamaken Short Films」がDVDとして発売中。
ウェブサイト: http://www.projectyamaken.com
参考映像:「キヲクドロボウ」予告編

参考映像:「セブン プラクティスフィルム」


□募集要項
■性別・外見年齢■
1、女性 20代 ヒロイン役または被害者役となります。
2、男性 20代前半
3、男性 20代後半〜30代前半
4、男性 30代〜50代前半
5、男女不問 外国人(アジア・アフリカ系)の方
○いずれも刑事役・被害者役・情報屋役等のキャストとしてオーディションを行います。

■オーディション日・場所■
2008年12月6 日(土)・7日(日)のいずれか
神奈川県横浜市 桜木町にて行います。

■参加条件■
○2009年2月〜3月のうち1〜4日程度の撮影に参加できる方。
 場所は横浜・都内を中心にした関東近郊です。
 土日祝日を中心にスケジュールを組みますが、平日になる場合もあります(応相談)
○基本的に出演料はありません。
 撮影に参加される場合、交通費とお食事をお出しいたします。
○制作された映画は、各映画祭への出品、自主又は商業上映、DVDメディアとして発売される等の可能性があります。
○応募者人数が多数の際、書類選考を挟む場合があります。
以上3点をご了承頂ける場合のみ、ご応募ください。

■応募方法■ 
○下記の事項をメールに記載の上、
projectyamaken@gmail.com (担当・野上)
にメールにてご応募下さい。
 ・タイトルを「オーディション応募」としてください。
 ・氏名(芸名可)
 ・年齢
 ・身長
 ・電話番号
 ・所属事務所がある場合は所属先
 ・全身・バストショットのカラー写真を添付(写メール可)
 ・オーディションの日時にNGの部分があればご記入下さい。
※お問い合わせも上記メールアドレスにお願いいたします。
○締切
 2008年12月4日(木)20時迄

たくさんのご応募、お待ちしております。
| 17:08 | コメントを書く (0) | トラックバック (1) |
京都映画祭レポート
先日、10月8日〜13日まで行われていた京都映画祭に行ってまいりました。我々はまずキヲクドロボウの上映が行われた10月10日(金)に京都へ向かいしました。のぞみで。

のぞみ

今回は遂に日本のシネコンで上映されると言うことでドキドキワクワクです。フィルムバージョンでのキヲクドロボウも日本初公開だったわけでテンションはあの日のガソリン価格のごとく急上昇です。

そして、NaviTimeの指示に従いながらアーケードの中程にど〜んと構える映画館。

MOVIX京都

もう、それは立派なシネコンでして、この中でキヲクドロボウが上映されるんだと思っただけで、泣けそうでした。でも、男の子だから我慢しました。

さっそく1つ前のプログラム「キネマの大地」を鑑賞した後、控室で主演の3人、正木さん、木村さん、森川さんと打ち合わせをしていざ舞台挨拶へ向かいます。

舞台に立つと、平日にもかかわらずお客さん達が観に来てくれていて、ホっとしました。本当にありがとうございます。

舞台挨拶

さすがに我々もキヲクドロボウの舞台挨拶は数えられないほどこなしており、全員なかなか落ち着いたモノでした。初公開の日の舞台挨拶のテンパリっぷりが懐かしいです。私も成長したモノです。

舞台挨拶後は、そのままキヲクドロボウを鑑賞しました。日本でのフィルムデビューとうことで、なんとも感慨深いモノがありました。

映画館

上映後は様々な人に「楽しかった」と声をかけて頂いて、久しぶりに監督気分を味わえました。なんせ上海の時は英語ペラペラの石田に全部持って行かれましたから。

そんな嬉しい時間もつかの間。

超多忙な私は超個人的な理由(F1観戦)の為、すぐに静岡へと向かわなければならなかった。

F1

F1

ウィークエンドを富士スピードウェイで過ごした私は、すぐさま京都へ引き返し、10月13日の夜、京都映画祭クロージングパーティーに石田と共に出席。

祇園会館

クロージングパーティーでは、津川雅彦さんや林海象監督をはじめとする「映画の凄い人」が多数いらっしゃり、改めて凄いところに呼ばれしまったなと、自分のチャラチャラした格好を反省。

しかも、何を間違えたのか「禁煙席でよいですか?」と聞かれたので「ハイ」と答えたら、いきなり会場を見渡せるVIPルームに通されてしまい、焦りまくる。

思わぬ場違いッぷりに慌てふためいていると、「本日はキヲクドロボウ監督のお二方もいらっしゃってくれています」と紹介されてしまい、VIPルームから手を振るその姿はまさしく大相撲をご観覧中の天皇陛下。追い打ちをかけるように「2008京都きものの女王」の美女二人が我々の隣に着席。端から見れば着物美女をはべらしたヤングヒルズ族。いったいどこの大物だよと言う完璧なデコレーションぷり。
額とワキから滝のように汗が流れでて、帰りたい気持ちでおぼれ死にそうになりました。

映画界の大御所を前に、インチキ映画監督二人がエンペラー気取りとなってしまい大変申し訳ございませんでした。ここに深くお詫び申し上げます。

他に席もなく、しかたなくVIP席にとどまっていると会場はくじ引き大会。入り口で受け取った番号札を呼ばれると景品がもらえるというもの。

これ以上、間違った方向で目立ちたくない我々は「当たるな、当たるな」と願をかけながら淡々とビールを口へ運ぶ。
我々の番号は呼ばれることなく、抽選会は進行し、最後の景品の抽選が始まった。
司会者の話によると、最後の景品は今回の用意されたモノの中でもっとも高額だという。抽選者は念入りに抽選箱の中をかき混ぜゆっくりと札を取り出した。ざわついた会場もこのときばかりは一瞬静まる。

会場が注目する中、長年このブログをご愛読の方には案の定のミラクル降臨。

我らがミラクルボーイ石田肇の番号が声高らかにアナウンスされました。本当にありがとうございます。

しかも、先日、iPhoneを購入したばかりの石田が当てた景品はiPod touchというプチミラクル。

結局、iPod touchは石田から、私の手に渡り、ラッキーボーイ山岸の誕生。帰りの深夜バスではすっかりハイテンションと相成りました。

ほどよいオチも出来たところで、お開きとさせて頂きます。

というわけで、今週末からは愛媛県松山での上映です。どうぞよしなに。
■愛媛県松山「キヲクドロボウ」上映
10月18日〜21日 13:50より
10月22日〜24日 20:50より
会場:シネマルナティック湊町
愛媛県松山市湊町3-1-9マツゲキビル2階
http://www.minipara.com/shikoku-mini/theater/luna2/index.shtml
10/18〜19は上映前に舞台挨拶アリ
舞台挨拶メンバー:
正木蒼二・木村有・森川椋可・山岸謙太郎・石田肇

■ラジオ出演情報■
愛媛県内でありますが舞台挨拶メンバーがラジオ番組に生放送出演します。
南海放送(愛媛県内:1116KHz)
■10月17日(金) AM9:35くらいから
「真さんのいよ!AM−igo」番組内
■10月18日(土) PM4:00くらいから
「えいこのグリップc@fe」番組内
| 01:08 | コメントを書く (4) | トラックバック (0) |