MENU

理学療法士勝ち組になる方法を現役PTが解説!年収だといくら?

理学療法士でも勝ち組でありたい!

そう思いませんか?

理学療法士は「給与が低い」「将来性がない」「キャリアアップがない」など、あまりいいイメージで語られる事がなく、理学療法士になった事が負け組なのでは?と思ってしまうほどです。

それでも、高収入の理学療法士がいるのはなぜなのか。

それは、高収入で勝ち組になるための方法を知っているからです。

この記事では、現役の理学療法士が勝ち組になる方法を解説します。記事を読めば以下の内容が理解できるので参考にしてください。

この記事で理解できる内容

・理学療法士が勝ち組になる方法

・理学療法士が勝ち組になる年収

・理学療法士が勝ち組になる判断基準

・理学療法士が勝ち組になるための求人チェック項目

目次

結論:興味がある分野で年収が高い求人を選ぶ

結論ファーストで解説します。

理学療法士として勝ち組になる最良の方法は、興味がある分野で年収が高い求人を選ぶことです。これにより、仕事に対する満足感とモチベーションを高め、結果としてより高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

そもそも、興味のある分野で働くことは、日々の業務におけるやりがいと充実感があり、年収が高い求人を選ぶことで、経済的な安定を得ることができて仕事に専念するための環境が整うはずです。

これらの要素は、長期的なキャリアの成功にも直結します。

勝ち組理学療法士の理想的な例は、以下の通りです。

理学療法士の勝ち組例(理想)

たとえば、スポーツリハに興味がある方が、高収入のスポーツチームに理学療法士として就職できたとしましょう。この場合、好きなスポーツに関わる仕事を通じて、日々の業務に情熱を持ち続けることができます。

また、高収入の求人であるため、生活の質を向上させることができ、さらなる専門知識の取得やスキルアップのための投資も可能です。

このように、興味と収入の両方を満たす職場環境は、理学療法士としてのキャリアを豊かにする鍵となります。

よって、理学療法士として勝ち組になるには、興味がある分野でかつ年収が高い求人を選ぶことが最も効果的です。これにより、仕事への情熱と経済的な安定を両立させ、長期的なキャリア成功を実現することができますよ。

次に失敗してしまう条件を確認しておきましょう。

理学療法士として興味がない分野に就職して起こる問題

たとえば、年収が高い求人があったとします。一方で、理学療法士として興味がない分野だったらどうでしょうか。

初めのうちは、高収入に気持ちが浮かび、モチベーションも維持できるかもしれません。

とはいえ、そもそも興味がないのですから、次第に収入よりも仕事の辛さの方が勝る可能性が高いです。そうなってくるといかに年収が高くても、仕事の興味がないため仕事としては長続きしません。

最悪の場合、心身の健康を損なう可能性もあります。やはり、興味がある分野・仕事してて嫌とは思わない分野で働き、やりがいを持って仕事をするのが重要と言えます。

これが年収だけで仕事を選んでしまった失敗例です。

次に、やりがいだけで求人を選んでしまった場合について考えてみます。

理学療法士としてやりがいだけで求人を選んだ場合に起こる問題

たとえば、年収が低くてもとても好きな分野でやりがいがある職場だったとします。

興味がある分野、やりがいだけを求めて求人を選んだ場合、理学療法士としてはやりたい事ができるので、いい環境で仕事を続けられるかもしれません。一方で、年収という対価で考えた場合には、やりがいだけではどうしようもない場合があります。

自己研鑽していくにもお金はかかりますし、やりがいだけを求めて年収が低くなると理学療法士としては勝ち組にはなれません。あくまでも生活していくうえで対価は必要になるため、やりがいだけで仕事を選ぶのは最善とは言えません。

ではどうすればいいのか気になりますよね。次の項目で説明します。

理学療法士として勝ち組になるには自分を理解し、より高い求人を探すこと

結論として、理学療法士として勝ち組になるには、興味がある分野でできるだけ年収が高い求人を選ぶのが得策といえます。

以下に理学療法士として勝ち組になる条件をお示しするので、ぜひ参考にしてください。

理学療法士勝ち組になる条件

・自分の強み、興味を知り、やりがいを持って働ける分野を見付ける(自己分析が必要)

・興味がある分野(働きやすい分野)で、可能な限り収入の高い求人を探す(求人リサーチ力を身に付ける)

この2つに関しては、別記事にて紹介する予定です。

では、理学療法士として勝ち組になるにはどれくらいの年収が必要なのでしょうか。

理学療法士の勝ち組とは年収でどらくらいなのか

ここからは少し理学療法士の勝ち組について深堀りしていきたいと思います。

理学療法士の勝ち組と判断するにはまず平均年収を知る

理学療法士の「勝ち組」を判断するためには、まず業界全体の平均年収を理解することが重要です。これにより、どれだけの収入が「平均以上」なのかが明確になります。

理学療法士は平均年齢が約31歳です。

そして、理学療法士全体の平均年収は約4,306,800円(約430万円)とされています。

とはいえ、全体の平均年収では判断がしにくいです。
そこで、年代別の年収をチェックしておきましょう。

理学療法士の勝ち組になるには年代別年収もチェックする

理学療法士として勝ち組になるためには、年代別の年収を確認することも重要です。

ご自身の年齢と比較して今は平均よりも多いのか少ないのかの判断ができます。

理学療法士の年代別の平均年収は以下の表を参考にしてください。

年齢層平均年収 (万円)
20~24歳335万円
25~29歳392万円
30~34歳421万円
35~39歳455万円
40~44歳498万円
45~49歳518万円
50~54歳515万円
55~59歳570万円

40歳台でようやく年収500万を超えてくる事が多くなっています。

理学療法士の中で勝ち組になるには、まずこの世代別年収を超えてくる必要があります。

とはいえ、平均を超える事が勝ち組と言えるのか。次の項目で説明するので参考にしてください。

理学療法士の勝ち組はどれくらいの年収が必要か

理学療法士の「勝ち組」として認識されるためには、平均年収を大きく上回る収入が必要です。

これは、理学療法士で比べるのではなく、一般の会社員の同世代と比べる必要があります。

理学療法士は男性女性関係ありませんが、わかりやすく一般男性会社員の平均年収をお示しします。

年齢階層平均給与 (万円)
19歳以下131万円
20~24歳301万円
25~29歳436万円
30~34歳487万円
35~39歳543万円
40~44歳586万円
45~49歳643万円
50~54歳675万円
55~59歳693万円
一般成人男性の給与

パッと見た限りでも一般男性の平均年収が高いです。

40~44歳の年収
理学療法士一般男性
498万円586万円

40代の一般男性と給与と比べると、理学療法士の給与は80万程度低いです。

理学療法士だけで見ても、定年前で600万円に届かない程度である事から、

理学療法士の「勝ち組」として認識されるためには、年収600万円以上になります。

よって、目指すべきは年収600万以上を目標としていくのが第一選択と言えるでしょう。

理学療法士は何を持って勝ち組と評価するのか

では、理学療法士が勝ち組と言われるためには、どういった条件があるのか条件をまとめてみましょう。

一般的に勝ち組の理学療法士と言われる方々は、以下の条件に当てはまる場合が多いです。

理学療法士の勝ち組の条件は「高収入」である

理学療法士の「勝ち組」として評価される第一の条件は「高収入」です。

収入が高いことは、専門性や経験の高さ、そして努力の成果を反映しています。一般的に、理学療法士の平均年収は約400万円から500万円程度ですが、「勝ち組」と呼ばれるためには、これを大きく上回る収入が求められます。

これはさきほど説明した年収600万以上がひとつの目標となります。

このレベルの収入を得るためには、専門知識の習得や資格の取得、そしてキャリアアップが不可欠です。

理学療法士の勝ち組は「有名」であることが多い

「勝ち組」の理学療法士は、業界内外で有名であることが多いです。有名になることで、信頼や顧客の増加、さらには収入の向上が期待できます。

有名な理学療法士は、専門的なセミナーや講演会に招かれたり、メディアで取り上げられたりすることがあります。

これにより、知名度がさらに高まり、新しいクライアントや患者を引きつけることができます。知名度を高めるためには、専門的な知識や技術を積極的に発信し、業界内でのネットワークを広げる努力が重要です。

理学療法士の勝ち組は「開業している」

理学療法士の「勝ち組」として評価されるもう一つの要素は、「開業している」ことです。

自身のクリニックを開業することで、収入を増やすだけでなく、自由度の高い働き方が可能になります。開業することで、理学療法のサービスを自分の理想に沿って提供でき、患者に対してより個別化されたケアを行うことができます。

また、開業によって得られる経済的な利益も大きく、成功すれば年収1000万円以上を達成することも現実的です。開業を成功させるためには、経営の知識やスキルも必要となり、これを学ぶための努力が求められます。

理学療法士の勝ち組になるにはどうすればいいのか

理学療法士として「勝ち組」になるためには、さまざまな働き方をする必要があります。

とはいえ、有名になったり、開業したりするのはハードルが高いです。

以下に、難易度別に理学療法士が勝ち組になる方法を紹介するのでぜひ参考にしてください。

難易度低:訪問リハ(インセンティブあり)を狙う

訪問リハビリテーションは、比較的手軽に収入を増やすことができる働き方です。特に、インセンティブが付いている職場を選ぶことで、努力に応じた報酬を得ることができます。

訪問リハでは、患者の自宅を訪問してリハビリを提供するため、理学療法士としてのスキルや経験が必要にはなりますが、より密接した関わりができるため、やりがいのもてる職場です。

インセンティブは、訪問の件数に応じて収入が増えるため、意欲的に働くことで高収入を目指すことができます。

難易度中:副業をする

理学療法士として働きながら、健康やフィットネスに関連するオンラインコーチングや、リハビリに関するコンサルティング業務など副業をすることで、さらなる経済的安定を図ることができます。

副業のメリットは、柔軟に時間を使いながら、得意分野を活かして収入を増やせる点です。ただし、本業とのバランスを保つことが重要ですし、副業が許可されているのかどうかも必要になります。

そのほか、ブログ運営やInstagramのインフルエンサーなど、本業以上の収益を得られる可能性を秘めた副業もおすすめです。

難易度中:放課後デイ(管理者)を狙う

放課後デイサービスで管理者として働くことで、安定した収入と管理職の経験を得ることができます。

放課後デイサービスは、障がいを持つ子供たちの放課後の活動をサポートする施設です。管理者として、スタッフのマネジメントやサービスの質の向上に取り組むことで、キャリアアップを図ることができます。

このポジションでは、経営の知識やリーダーシップスキルも必要とされますが、キャリアを積んでいけば一般理学療法士として働く以上の収入が得られます

難易度大:部門の管理者になる

病院やクリニックで管理者(リハビリテーション部門の責任者)になることは、高収入を得るための確実な方法の一つです。

管理者としての役割は、スタッフの指導や教育・部門の運営全般を担当するため、非常に責任が重い仕事ですが、その分収入も高くなります。

このポジションを目指すためには、長年の経験と専門知識、そしてリーダーシップが求められます。

難易度大:起業する

理学療法士としてのスキルを活かして、クリニック(カイロプラクティック院や整体業)を起業することができます。

起業すると収入の上限がなくなり、成功すれば非常に高い収入を得ることができます。ただし、開業には多大な初期投資と経営リスクが伴います。また、経営の知識やマーケティングスキルも必要とされます。

成功するためには、専門的な知識と同様に、経営の勉強を継続的に行うことが重要です。

難易度大:高収入職と結婚する

高収入のパートナーと結婚することで、経済的な安定と豊かな生活を手に入れることも一つの方法です。

この選択肢は、理学療法士としての直接的なキャリアアップとは異なりますが、全体的な生活の質を向上させる手段となります。

ただし、この方法は他者の収入に依存するため、自分自身のキャリアの発展と独立性も同時に考えることが重要です。

理学療法士として「勝ち組」になるためには、上記のような多様な選択肢があります。

それぞれの方法には異なる難易度やリスクが伴いますが、自分の状況や目標に応じて最適な方法を選択し、努力を続けることが成功の鍵となります。

理学療法士で勝ち組になる可能性がある分野・職場

結論として、理学療法士として「勝ち組」になることは容易ではありません。

とはいえ、諦める必要はありません。

起業をしなくても、少しでも給与が高い求人を探し、キャリアアップを図ることで少しでも勝ち組に近付いていくはずです。

以下に、理学療法士が働く現場で少しでも給与が高い職場を紹介します。

訪問リハビリテーション事業所

訪問リハビリテーション事業所は、理学療法士にとって高収入を目指せる職場の一つです。

訪問リハビリでは、自分のペースで働くことができるため、効率的に収入を増やすことができます。

特に給与アップを考えるのであれば、訪問件数に応じてインセンティブが支給される会社が狙い目です。

よって、訪問件数が多い都市部では、高収入を期待できるでしょう。

放課後デイサービス事業所

放課後デイサービス事業所で働く理学療法士も、高収入を得る可能性があります。

そのためには管理者を目指すのが重要です。

放課後デイサービスは、障がいを持つ子供たちの放課後活動を支援する施設であり、専門的なスキルと経験が求められますが、特に管理者として働くことで、給与の大幅アップが可能です。

公務員理学療法士

公務員として働く理学療法士も、安定した収入と高待遇である場合が多いです。

特に地方自治体の病院や福祉施設で働く理学療法士は、長期的なキャリアパスを描きやすく、経済的な安定を得ることができます。

公務員試験を通過する必要がありますが、安定した職業生活が期待できます。

共済病院・大学病院

共済病院や大学病院も、理学療法士にとって高収入を得やすい職場です。これらの病院では、給与体系がしっかりしており、研究や教育にも携わることができるため、キャリアの幅が広がります。

特に大学病院では、最先端の医療技術や研究に触れる機会が多く、スキルアップを図りながら高収入を得ることが可能です。また、共済病院は福利厚生が充実しているため、働きやすい環境が整っています。

一般病院

一般病院でも、経験を積むことで高収入を得ることが可能です。特に大規模な病院や専門病院では、理学療法士としてのキャリアアップが期待でき、管理職や専門職に昇進することで給与が増えるケースが多いです。

一般病院では、幅広い症例に対応するため、実践的なスキルを磨くことができ長期的なキャリア形成に役立ちます。

ただし、年収の上り幅には限界があるため、プチ勝ち組を目指す程度になるかもしれません。

理学療法士として「勝ち組」になるためには、これらの職場での経験を積み、スキルアップを図りながら高収入を目指すことが重要です。

キャリアパスをしっかりと考え、適切な職場を選ぶことで、理想的な職業生活を実現することができます。

理学療法士で勝ち組になるための求人チェック項目

ここで、理学療法士で勝ち組になるための求人チェック項目を紹介します。

結論から言うと、企業や管理者になるのは相当な能力を求められることが多く、ハードルが高いです。

まずは、少しでも給与を上げる事が勝ち組になる近道とも言えます。

求人をこれから探す方はぜひ参考にしてください。

給与と福利厚生(昇給率は要チェック)

求人チェック項目として重要なのは、給与面です。以下に、給与と福利厚生に関してのチェックポイントを紹介します。

給与と福利厚生のチェック項目
  1. 基本給
    • 内容: 仕事をして得られる毎月の給料の基本部分。
    • 確認方法: 求人情報に月額の基本給が記載されているか確認します。経験や資格によって異なる場合があるので、具体的な金額をチェックしましょう。基本給ができるだけ高いところを選ぶのがポイント
  2. 賞与(ボーナス)
    • 内容: 年に1回または2回支給される、基本給とは別の特別な支給額。業績や個人の評価に基づいて支払われるところもある。
    • 確認方法: 求人情報に賞与の回数や過去の支給実績が記載されているかを確認する。
  3. 昇給制度
    • 内容: 毎年または一定の期間ごとに、基本給がどのように増えるかの仕組み。
    • 確認方法: 昇給の頻度(例えば年1回)や評価基準(仕事の成果、勤務年数など)が明確に記載されているかをチェックします。将来的な給与にも関わるので必ずチェック
  4. 退職金制度
    • 内容: 退職時に支給される一時金。長く勤めた場合に支給されることが多い。
    • 確認方法: 退職金制度の有無、計算方法(勤務年数に応じた金額など)、支給条件(例えば何年勤務した場合など)を確認する。
  5. 保険(健康保険、社会保険など)
    • 内容: 健康保険、年金保険、労災保険、雇用保険などの社会保障制度。
    • 確認方法: 求人情報にどの保険が完備されているか記載されているか確認する。
  6. 交通費支給
    • 内容: 通勤にかかる交通費が会社から支給されるかどうか。
    • 確認方法: 交通費支給の有無、支給される範囲(例えば電車代、バス代など)、上限額が記載されているかを確認する。
  7. 住宅手当
    • 内容: 住居にかかる費用の一部を会社が負担してくれる手当。賃貸の場合だと助かる手当。
    • 確認方法: 住宅手当の有無、金額、支給条件(例えば職場からの距離など)が記載されているか確認する。

勤務条件


理学療法士として勝ち組になるための求人チェック項目を初心者向けに詳しく説明します。

勤務条件のチェック項目
  1. 勤務時間(フルタイム、パートタイム)
    • 内容: 働く時間帯や一日の労働時間のこと。フルタイムは通常8時間労働、パートタイムは短時間勤務。
    • 確認方法: 求人情報に勤務時間の詳細(始業・終業時間、休憩時間)が記載されているか確認する。
  2. 勤務日数と休日(週休二日制、有給休暇の取得状況)
    • 内容: 1週間の勤務日数や休日日数のこと。週休2日制と完全週休2日制は意味が違うので注意。
    • 確認方法: 週休二日制かどうか、有給休暇の取得率や取りやすさ(上司の理解度など)が記載されているか確認します。
  3. 残業の有無とその対策
    • 内容: 勤務時間外に働くことが残業です。残業の有無やその時間、残業手当の支給、残業を減らすための対策について確認します。
    • 確認方法: 残業の有無、平均残業時間、残業に対する手当や対策が記載されているか確認します。
  4. 夜勤の有無
    • 内容: 夜間に働く勤務形態のことです。病院や施設によっては夜勤が求められることがあります。
    • 確認方法: 夜勤の有無、夜勤の頻度(例えば月に何回あるか)、夜勤手当の有無が記載されているか確認します。

以上の項目を詳細にチェックすることで、理学療法士として自分に合った職場を見つけやすくなります。求人情報をしっかりと確認し、不明な点は採用担当者に問い合わせるとよいでしょう。

経営状況がいいかどうかを判断する

経営状況が良いかどうかを判断するために、企業の信頼性や安定性を評価することは非常に重要です。以下に、より詳細な調査方法を提案します。

経営状況を知るために必要な項目

1.業績の調査:

財務諸表の確認: 企業の財務諸表(特に収益計算書や貸借対照表)を調査し、売上高や利益、資産の状況などを把握します。安定した収益や健全な資産構成が見られるかどうかを確認します。

過去数年間の業績推移の分析: 過去数年間の業績推移を分析し、売上や利益が安定して成長しているかどうかを確認します。急激な業績の変動がある場合、その背景を調査します。

2.評判や口コミの調査:

従業員の声を聞く: 従業員の働きやすさや労働環境に関する声を探し、企業文化や雰囲気を把握します。特に、医療・介護業界の専門サイトやSNSなどでの口コミを参考にします。

顧客や取引先の評価: 顧客や取引先の評価や満足度を確認し、企業が提供するサービスや製品の品質や信頼性を判断します。

3.企業の背景調査:

創業年数や業界経験: 企業の創業年数や業界での経験を確認し、安定した経営基盤を持つかどうかを判断します。

企業の成長戦略やビジョン: 企業の成長戦略やビジョンを把握し、将来性や事業展開の方向性を確認します。

以上のポイントを考慮しながら、企業の信頼性や安定性を総合的に判断します。経営状況が良い企業であれば、昇給など給与アップに繋がる可能性も高いです。

理学療法士が勝ち組になるための考え方

理学療法士として成功し、勝ち組になるには、適切な求人を見つけるためのリサーチ力と判断力が重要です。

ここでは、理学療法士が勝ち組になるためのの考え方について説明します。

求人を探すにはリサーチ力が大事、だが一人では悩まない事

求人を探す際には、自分に合った職場を見つけるための情報収集が欠かせません。リサーチ力とは、求人情報を探し、比較し、最適な選択肢を見つけ出す能力のことです。

以下に求人情報のリサーチ方法と、一人で悩まない事について解説します。

情報収集の方法:

求人情報はハローワークが一般的ですが、転職サイトだけで取り扱っている求人も多いです。

以下に求人情報を収集する方法を紹介します。

求人情報の収集方法
  1. ハローワーク:一般的な求人情報を取り扱っている。
  2. 転職サイト:登録が必要だが、転職サイトにしかない求人を取り扱っている。
  3. インターネット: 求人サイトや病院の公式ウェブサイトを定期的にチェック。
  4. ネットワーク: 友人や同僚、理学療法士のコミュニティに参加して情報を共有してもらう。
  5. 専門誌や学会: 理学療法に関する専門誌や学会の求人情報も有益。

基本的にはハローワークの情報をチェックしつつ、大手の転職サイトから2~3つ登録して、いい求人が出るのを待つのもありでしょう。

一人で悩まない:

求人探しは時にストレスがかかるもの。一人で悩まず、周りの人に相談しましょう。

経験者のアドバイスを聞いたり、キャリアカウンセラーに相談したりすることで、より良い選択ができます。

私でよければ相談に乗りますよ!

給与だけで判断しない

給与は仕事選びにおいて重要な要素ですが、それだけで判断するのは避けましょう。他にも考慮すべきポイントが多くあります。

給与以外の判断基準
  1. 職場環境:
    • 人間関係: 良好な人間関係が築ける職場は、働きやすさに大きく影響します。
    • 設備や技術: 最新の設備や技術が整った職場は、スキルアップにもつながります。
  2. 勤務条件:
    • 勤務時間: 自分のライフスタイルに合った勤務時間かどうかを確認しましょう。
    • 休日や休暇: 休日がしっかりと確保されているか、有給休暇が取りやすいかも重要です。
  3. キャリアパス:
    • 研修制度: 研修や勉強会が充実している職場は、自分の成長に繋がります。
    • 昇進の機会: 将来的に昇進のチャンスがあるかどうかも重要です。

いつでも動けるようにしておいて、早めに動く

求人情報は常に変動しています。チャンスを逃さないためにも、いつでも動ける準備をしておくことが大切です。

求人にいち早く気付くために
  1. 最新情報の把握:
    • 定期的な確認: 求人サイトや業界のニュースを定期的にチェックし、最新の求人情報を把握しましょう。
  2. 履歴書や職務経歴書の準備:
    • 更新しておく: 履歴書や職務経歴書を常に最新の状態にしておき、すぐに応募できるように準備しておきましょう。
  3. 柔軟な姿勢:
    • チャンスを逃さない: 良い求人があれば、すぐに応募できるように柔軟な姿勢を持ちましょう。準備が整っていれば、すぐに行動に移すことができます。

理学療法士としてのキャリアを成功させるためには、これらの考え方を意識し、日々の行動に取り入れることが重要です。情報収集や準備を怠らず、いつでもチャンスをつかめるようにしておきましょう。

理学療法士でも勝ち組になれる!

理学療法士は年収だけで見ると勝ち組とは言えません。

一般男性の同世代と比べても給与は低い水準にあります。とはいえ、働くうえではやりがいが持てる仕事ですし、働き方次第では年収アップが見込めます。

理学療法士で勝ち組になるには、年収600万以上を目指しましょう。

そのためには、目先の年収を上げるのか、副業で積み上げていくのかなど目的を明確にするといいです。

この記事を参考に、勝ち組療法士になれるように行動してくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

理学療法士14年目|病院から介護事業所へ転職し自由度が広がる|副業で前職の年収を超える|理学療法士でも勝ち組になれる|転職経験を発信し、転職で悩む人をゼロに

コメント

コメントする

目次