MENU

理学療法士の転職は難しい?成功するためのステップとポイント

理学療法士は転職が難しい

あなたはそのような話を耳にしたかもしれません。

結論を言えば、理学療法士の転職は難しいとされている理由はあるものの転職は十分に可能です。

もともとは理学療法士は世間的に数が少なく、多くの職場から求められている時代でした。

結果として、以前は就職や転職がしやすく、より条件のいい職場へ転職するのも多かったのが事実です。

そのため、雇う側は人材の流出を防ぐ目的で給与を高く設定し、結果として理学療法士は同じ病院で定年まで勤務するのが当たり前とされていました。

一方で今の時代はどうでしょうか。

理学療法士は毎年のように新卒者が出て、その人数の多さからいずれ理学療法士は供給過多になる時代になるとされています。

つまり、需要と供給のバランスが崩れる事が、理学療法士の転職が難しいと言われる理由です。

とはいえ、

今の職場に不満…

転職して環境を変えてみたい

このように感じている方も多いと思います。当てはまる方は、この記事を読んでいただき、

転職に成功するためのステップとポイントを理解してくださいね。

この記事でわかる事

・理学療法士が転職で難しいとされている理由

・実際に理学療法士は転職が難しいかどうか

・転職を成功させるためのポイント

目次

理学療法士の転職が難しい理由

ここでは、理学療法士の転職が難しいとされている理由を紹介します。

資格や専門知識の限定性すぎるため

理学療法士は特定の専門知識と技能を持つ職種であり、資格が専門的すぎるため、一般の業種の知識や経験が不足しています。

そのため、他の職種への転職が難しいです。

転職先を選ぶ際には、資格やスキルを最大限に活かせる職場を見つけることが重要です。

一方で、理学療法士としてのキャリアアップを目指す場合は、より専門的な知識を持っていた方が転職に有利に働きます。

求人数と求職者数のバランス

理学療法士の求人は地域や施設によって大きく変わってきます。

地域による転職のしやすさの違い

・都市部

求人数は多いが、求職者も多く、いい求人には人が集まり倍率が高くなる。

・地方

求人数が少なく、希望する条件に合った求人が見付かりにくい。人気のある求人には応募者が集中し、採用のハードルが高くなる。

転職を成功させるためには、求人市場の動向を常にチェックし、タイミングを見計らって応募することが大切です。

専門分野や施設の違いによる適応の難しさ

理学療法士は幅広い分野で活躍しますが、各分野や施設ごとに求められる知識やスキルが異なります。

例えば、急性期病院と介護保険事業所では治療方針や業務内容が大きく異なるため、同じ理学療法士でも異なる分野への転職には新たな知識の習得やスキルの向上が必要です。

転職を成功させるには、あなた自身の柔軟性と適応力が求められます。

難しい転職を成功させるためのポイント

前述の理由により、理学療法士の転職は難しい部分があるのも事実です。

とはいえ、実際に転職して成功した方も多くいます。私も希望の職場に転職できました

転職を成功させるにはしっかりとした準備や目標設定、スキルを高めていく必要があります。

ここでは、難しい転職を成功させるためのポイントを紹介します。

自己分析とキャリアプランの明確化

自己分析・キャリアプランの明確化のポイント

・自分自身の強みを把握する(何か資格を持っているのか)

・理学療法士としてどういったキャリアを築きたいのか

面接の際に自信をもって答える事ができる

転職を成功させるための第一歩は自己分析とキャリアプランの明確化です。

自分の強みや弱み、これまでの経験を振り返り、どのようなスキルを持っているかを把握することが重要です。

また、理学療法士として今後どのようなキャリアを築きたいのかを具体的に考え、目指す方向性を明確にしましょう。

例えば、専門分野を深めるのか、マネジメントや教育の道に進むのかなど、将来のビジョンを描くことで転職活動の軸が定まり、自信を持って行動することができます。

転職理由の整理と目標設定

転職理由の整理・目標設定のポイント

・キャリアップをしたい

・新しい分野に挑戦したい

・キャリアップを目指したい

・年収を少しでも上げたい

・ワークライフバランスを調整したい

なぜ転職を考えたのか等、面接で聞かれやすい内容

次に、転職理由の整理と目標設定を行います。

なぜ転職をしたいのか、その理由を明確にすることで、面接の際に説得力のある説明ができるようになります。

例えば、キャリアアップを目指すため、新しい専門分野に挑戦したい、待遇改善を望むなど、具体的な理由を整理しましょう。

また、新しい職場で達成したい目標を設定することで、転職活動の目的がはっきりし方向性が定まります。

これにより、転職先を選ぶ際の判断基準が明確になり、ミスマッチを防ぐことができます。

もちろん、給与を少しでも上げていきたいというのも十分な理由です。

とはいえ、給与を上げたいといった理由は応募先には伝えにくいので、それ相当な理由を考えるように心がけてください。

スキルや資格の再評価とアップデート

スキルや資格の再評価とアップデートのポイント

・自己分析と似ているが、アピールできるスキルや資格を整理する

・必要なものはアップデート(学び)を行い、就職して学びたければその姿勢を言葉で表す

面接する側はあなたが即戦力に値するかどうかの評価を行います
現状でスキルが足りていないと感じていても学ぶ姿勢を見せるだけで印象が大きく変わります。

最後に、スキルや資格の再評価とアップデートを行います。

現在持っているスキルや資格が転職先でどのように評価されるかを確認し、必要に応じて新たな資格取得やスキルアップのための研修や講座を受けましょう。

例えば、最新のリハビリ技術や専門知識を学ぶことで、転職先で即戦力として活躍できる準備を整えることが重要です。

常に自己研鑽を怠らず、最新の知識と技術を身につけることで、転職活動の成功率を高めることができます。

転職は行動力が大事!理学療法士だから転職が難しいとは言えない

本記事では、「理学療法士は転職が難しい」といった内容を解説しました。

結論として理学療法士の転職は、これからさらに難しくなってくると思われます。

とはいえ、理学療法士は立派な国家資格であり、就職口はまだまだ幅広くあります。

転職をあきらめずに勝ち組理学療法士になりましょう!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

理学療法士14年目|病院から介護事業所へ転職し自由度が広がる|副業で前職の年収を超える|理学療法士でも勝ち組になれる|転職経験を発信し、転職で悩む人をゼロに

コメント

コメントする

目次